« ついに逮捕された「春日電機」の乗っ取り屋・篠原猛 | トップページ | <ミニ情報>大塚万吉氏に判決 »

2011.01.13

社外調査委員会が解明中ーー「TLホールディングス」疑惑の真相

 本紙で2度に渡って取り上げている、新ジャスダック上場のIT系企業「TLホールディングス」(東京都文京区)のこの疑惑、新たな関係者の証言を得るなどした結果、その全貌が見えて来たので、再度、報告しておく。なお、現在調査を行っている社外調査委員会は、予定通り、この1月末には報告を行う模様だ。結論を先に言えば、前社名のターボリナックスを創業した矢野広一氏が、会社分割をするなどし、経営権を手放した(代表を辞任したのは昨年6月)ことが事の発端のようだ。前社名通り、矢野氏はLinuxのOSパッケージ販売を目指したが、ライバルには世界最大手のソフトウェア会社・マイクロソフトのWindowsがあり、同社は赤字続き。そのため見切りを付けたのだという。
 2011年1月13日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« ついに逮捕された「春日電機」の乗っ取り屋・篠原猛 | トップページ | <ミニ情報>大塚万吉氏に判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50576162

この記事へのトラックバック一覧です: 社外調査委員会が解明中ーー「TLホールディングス」疑惑の真相:

« ついに逮捕された「春日電機」の乗っ取り屋・篠原猛 | トップページ | <ミニ情報>大塚万吉氏に判決 »