« 元大阪高検公安部長著書『検察の大罪』が暴く、検察の底知れぬ腐敗と、小沢一郎捜査の不正義 | トップページ | <募集>携帯サイト「芸能ニュースラウンジ」の求人 »

2011.01.10

レコ大の最優秀新人賞巡る「怪文書」出る(下)

 昨年末の「日本レコード大賞」(レコ大)の最優秀新人賞に、本命の「少女時代」ではなく、「スマイレージ」が選ばれた理由につき、解説した「怪文書」が出ていることを(上)で報じた。その真偽は不明ながら、その背景に、近年、「少女時代」に加え、「東方神起」「KARA」など韓国の芸能プロダクション所属のKーPOPがわが国芸能界を席捲しており、これに危機感を持っている日本側芸能プロ勢との暗闘があったことは事実であるようだ。そして、わが国にあってこの韓国勢の引き受けに積極的なのが、「プロダクション尾木」であり、その尾木徹社長は「音事協」の会長でもあることからなおさら反発を受けてのことではないかという。それにしても、なぜ、K-POPなのか。この点につき、ある芸能プロ社長はこう解説する。「ともかく経費が安く済む。韓国芸能人の人権なんか無きに等しく、10分の1もかからない。だから、わが国でヒットを飛ばせば我々の実入りはそれだけ美味しいからですよ」。だが、そこには大きな問題がある。わが国芸能界など比ではない、韓国芸能界と組織暴力団との蜜月関係だ。それを改めて実感させられたのが、昨年9月、「エイベックス」が専属契約を結んでいた「東方神起」のメンバー3名の活動を中止にした件だろう。
 2011年1月10日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 元大阪高検公安部長著書『検察の大罪』が暴く、検察の底知れぬ腐敗と、小沢一郎捜査の不正義 | トップページ | <募集>携帯サイト「芸能ニュースラウンジ」の求人 »

コメント

スマイレージが賞獲得でいいよ
完全な無名だけど、韓国よりいい

どうせ賞なんてやくざものさ

投稿: やいくん | 2011.07.22 06:30

「レコード大賞新人賞が少女時代ではなく人気のないマスイレージなのはなぜ?」
ということからこの記事はスタートしてます。
マスイレージが不人気な証拠として「検索してもでてこない」ことをあげられてますね。
当たり前です。マスイレージなんてグループないから。
ちなみにスマイレージでGoogle検索すると約 1,910,000 件ヒットします。
つまりあなたのいう「不人気なグループが最優秀新人賞」の前提が崩れてるんですよ。
スマイレージが最優秀新人賞をとったことは別に"おかしな"ことではないわけで、この記事の前提そのものが成り立ってません。

よくこんなデタラメ記事を金とる気になれますね。

あとジャーナリストと名乗るなら間違いを隠蔽しようとするのではなく
元々の記事の間違い部分を明らかにした上で訂正すべきでしょう。

まあジャーナリストなんて名乗る人種が今ではもっとも隠蔽好きですけどね。

投稿: たく | 2011.01.11 20:56

マスイレージじゃなくて「スマイレージ」

わざとやってるんですか?

本当に「山岡本人が取材し」てるんならこんな基本中の基本を間違えるわけないですよ。

内情を知る関係者が「マスイレージ」なんていうわけないですからね。

間違いに気が付かず「マスイレージ」でわざわざ検索してることからも本当は取材などしてないことが明らか

他の記事も思い込みの間違いだらけなんでしょうね

投稿: 増井礼二 | 2011.01.11 09:17

マスイレージではなくスマイレージです。

投稿: こう | 2011.01.10 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50548717

この記事へのトラックバック一覧です: レコ大の最優秀新人賞巡る「怪文書」出る(下):

« 元大阪高検公安部長著書『検察の大罪』が暴く、検察の底知れぬ腐敗と、小沢一郎捜査の不正義 | トップページ | <募集>携帯サイト「芸能ニュースラウンジ」の求人 »