« 築地市場移転巡る疑惑の東卸理事選、賛否理事が同数に(伊藤理事長は落選) | トップページ | 本紙指摘の墓地撤去問題、「噂の東京マガジン」で放送される »

2011.01.30

あの「君島インターナショナル」が、家賃37万円の事務所で得た驚愕の引っ越し代

 旧聞に属する話だが、世界的なファッションデザイナーだった君島一郎氏の庶子で、元女優の君島十和子の夫としても知られる君島誉幸氏(明から改名)が社長を務める「君島インターナショナル」が、地上げに伴い法外な引っ越し代をせしめていたことがわかったので報告する。本紙既報の明治建物が手掛けた東京都渋谷区神宮前4丁目の地上げにおいてで、約4年前の話。同じ神宮前4丁目に移転し、現在、その場所では、十和子さんが独自ブランドの化粧品などをプロジュースしたお店「フェリーチェトワコ」が営業している。当時、君島インターナショナルが借りていたのは「アリア神宮前」という3階建てビルの2階の一室だった。広さは約60㎡で家賃は37万円だったという。この一帯を地上げした関係者が証言する。「この地上げでは、早急な引っ越しを求めるものだったので、預かり金全額返却、退去までの家賃無料、なおかつ家賃12カ月分を明け渡し費用として支払うとの条件を提示してました。ハッキリいって、かなり入居者優位の条件だったと思います」。この条件を君島インターナショナルに当てはめると数百万円、どんなに高額でも1000万円を超えることはない。何しろ、月37万円の単なる賃借人だ。当然だろう。だが、そんな額では済まなかったという。
 2011年1月30日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 築地市場移転巡る疑惑の東卸理事選、賛否理事が同数に(伊藤理事長は落選) | トップページ | 本紙指摘の墓地撤去問題、「噂の東京マガジン」で放送される »

コメント

世界一有名なサングラス「レイバン」Ray-Banの安いの通販レイバン メガネ,レイバン サングラスの販売。半世紀以上の歴史と世界が愛し続けるRay-Ban。その進化に休符を打つことはない。レイバン:http://www.raybans.jp
Ray Ban:http://www.raybans.jp
レイバン サングラス:http://www.raybans.jp

投稿: レイバン サングラス | 2012.06.01 19:39

以前,から北の工作員と指摘された人物の講演会が2月
6日(日)沖縄県の宜野湾市で開催されます。

北朝鮮スパイの立命館大学教授・徐勝(ソ・スン)

「琉球から韓国併合百年を問う」講演、朝鮮半島の人々と連帯へ
11、2月6日(日)13時~18時、沖縄県宜野湾市社会福祉センター
http://www.ginowanshakyo.or.jp/ 会費、千円

基調講演:徐勝(ソ・スン)立命館大学教授

パネリスト:ユ・ヨンジャさん(読谷村在住)

     キム・スソップさん(那覇市在住)他、

(主催:琉球民族の自決権と一国二制度を実現する会、大村博)

投稿: 山岡ファン | 2011.01.31 14:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50723281

この記事へのトラックバック一覧です: あの「君島インターナショナル」が、家賃37万円の事務所で得た驚愕の引っ越し代:

« 築地市場移転巡る疑惑の東卸理事選、賛否理事が同数に(伊藤理事長は落選) | トップページ | 本紙指摘の墓地撤去問題、「噂の東京マガジン」で放送される »