« 2010年6月20日 - 2010年6月26日 | トップページ | 2010年7月4日 - 2010年7月10日 »

2010.07.03

「NTTデータ」など比でない、「東芝」の特許庁巡る重大入札疑惑

 志摩兆一郎技官と、「NTTデータ」の沖良太郎部長の贈収賄事件で揺れる特許庁ーーその上部団体である経志摩兆一郎技官と、「NTTデータ」の沖良太郎部長の贈収賄事件で揺れる特許庁ーーその上部団体である経済産業省は6月29日、特許庁発注のコンピュータシステム 一元化のための設計開発事業入札手続きなどを検証する外部調査委員会を設置(委員長は元東京地検特捜部検事の五木田彬弁護士)した。この入札、 具体的には06年11月に行われた一般競争入札を指す。NTTデータ、日立製作所、東芝ソリューションの3社が応札。だが、落札したのはNTT データではなく東芝ソリューション(梶川茂司社長)だった。現在使用されている特許庁の「基幹系システム(出願に関するもの)」はNTTデータが が開発、1990年から数回のバージョンアップを経て運用されている。その後の保守も「データ通信サービス料」(通称:デ通サ)という名目で随時契約となり、同社が担当(年間数十億から150億円)している。しかし、 こうした1業者のみが長く担当するとコスト高を招くと の批判を受け、04年にNTTデータとの随意契約を見直した。そして、06年11月の入札では、 NTTデータの約147億円に対し、東芝ソリューションが94億5000万円で落札。NTTデータは技官から不法に情報を入手までしたものの落札できず、特許庁のコスト削減の目的は達せられ、一見、結構なことのように思われる。だが、このコスト削減は結果的にとんでもない事態を招いて いる。
 2010年7月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.02

消されていた表札の「氏家」姓(追加情報)

 昨日、本紙は「本紙指摘通り掲載された“日テレ会長の孫”」なるタイトル記事を報じている。そのキャリア官僚の孫の実家は、“日テレ会長”=氏家齋一郎氏の東京都杉並区の自宅の目と鼻の先にある。孫は氏家会長の長女の方の子であることから、その実家の表札は氏家会長の長女が嫁いだ先の姓になっているのは当然として、今回の騒動前までは、なぜか「氏家」姓も併記されていた。ところが、最近になって、その「氏家」姓の方だけがなぜか消されている事実が判明したので、以下、その証拠写真を添付しておく。
 2010年7月2日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<お知らせ>本紙、7月5日9:30PMから「参院選」に関するネットTV生放送

 本紙・山岡がホストを務め、後半はジャーナリスト仲間の寺澤有氏とやっていたインターネットTV『アクセスジャーナルTV』は、本日から配信予定の第36回で終了となった。07年7月から毎月1回、政・財・官、そしてマスコミに巣くう巨悪を追及し、既存TVでは決して見られない、どこにもおもねらない報道を続けて来た。この度、その寺澤氏と組み、『アクセスジャーナル』というネット上の“活字”メディアだけでなく、インターネットTV番組の配信も独自に始めることにした。その第1回目の生放送を、7月5日9:30PMから行う(むろん、オンデマンドでも見えるようにする)。テーマは参議院議員選挙。以下、概要を記すが、具体的な視聴方法は当日までに告知する。【配信日時】7月5日21時30分から(1時間程度?)【タイトル】「いよいよ参議院選も終盤戦へーー情勢と政局をミクロとマクロから分析する」【ゲスト】……。
2010年7月2日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本紙指摘通り掲載された“日テレ会長の孫”

 本日発売の『週刊文春』が、日本テレビの氏家齋一郎代表取締役会長孫娘=キャリア官僚(総務省)が、不倫を理由に民事提訴された、前代未聞といっていい件を報じている。本紙指摘の、「前回記事にした(『サンデー毎日』『週刊ポスト』)ところではない主要週刊誌」とは、この『週刊文春』のことだったのだ。それにしても、“天下の文春”のこと、今回初めて記事にしたのは、その見出し通り、提訴されたのが男性官僚の方ではなく、まさに“マスコミのドン”の孫娘だったからこそと思ったのだが、それにも拘わらず、肝心のマスコミのドンの実名を記していないとはどうしたことだろうか!?
2010年7月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.07.01

強制捜索の「岡本倶楽部」ーー“有志の会”は破産逃れのホテル側ダミー!?

 本紙でも既報のように、5月26日、出資法違反容疑で「岡本倶楽部」が強制捜索を受けて1カ月余りーー6月10日には、一部会員が申し立てていた岡本倶楽部を運営する「オー・エム・シー」に対する破産に対し、東京地裁は破産開始決定を出した。負債総額は約198億円。ところが、それから2日後の6月12日付で、岡本倶楽部の会員に対し、岡本倶楽部の“有志の会”(仮称)を名乗る者が、「発足説明会開催のお知らせ」なる文書(A4判2枚。以下に転載)を出していることがわかった。これだけ見れば、岡本倶楽部の存続を願う一部会員が、他の会員に賛同を求めるものだが、当局が強制捜索し、常識的に考えれば、今後、逮捕者が出るはずで事件化必至、暴力団の影も見え隠れするなか、捜査に水を差すようなマネをする一般会員などいるものか?「岡本倶楽部側に、このままでは出資金はほとんど戻らないが、ホテルが存続すれば無駄ガネにならないとうまく丸め込まれた方は少数ながらいるでしょう。でも、その裏で岡本倶楽部側が操っていると考えていい。再建のためにもう少し出資をと請われ、2次被害の可能性だって大でしょう」(関係者)
2010年7月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.06.30

<ミニ情報>「INAX事件」、本紙・山岡の検事調べ終わる

 予定通り、昨日午前9時半、三重県津地検の検事と事務官の2名が本紙編集部に来て、ちょうどお昼ごろまで山岡を参考人聴取。そして予定を変更し、同日午後5時に再度訪問。調書の確認をし、サインし終わったのが午後6時少し過ぎだった。これにて、本紙・山岡の検事調べは特に問題なく終了した。
2010年6月30日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特許庁技官とNTTデータとの贈収賄事件はスケープ・ゴード!?

 6月22日、業務システム計画を巡る内部情報を提供し、見返りに200数十万円のタクシー運賃の支払いを受けたとして、警視庁捜査2課が、特許庁技官の志摩兆一郎(45)と、NTTデータの部長を贈収賄容疑で逮捕したのはご存じの通り。本紙はこれに先立つ4月1日、2日と、TBS「NEWS23X」が報じた特許庁の情報漏洩疑惑を紹介している。このニュースでは、情報漏洩疑惑が出ている企業名は一切公表されなかった。このため、タイミングの良さから、「NEWS23X」で指摘していた疑惑企業=NTTデータだったのか、と思った視聴者は多いようだ。だが、本紙がその際、実名を挙げた企業はNTTデータではない。かといって、むろん、誤報でもない。実はこのギャップのため、一部関係者の間ではスケープ・ゴード説まで囁かれているのだ。
2010年6月30日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.29

<主張>村山弘義元検事長の、相撲協会理事長代行就任に異議あり

 賭博問題で大揺れの日本相撲協会の理事長代行に、元東京高検検事長の村山弘義氏の就任が有力視されている。だが、上場企業などで不祥事が起きるとよくやるパターンと同じく、検察や警察のそれなりのポストにいたOBを就けることに、果たしてどれだけの意味があるのか? 本紙では、村山氏が相撲協会の外部理事に就いた一昨年9月30日の直後、その“天下り”自体、問題との記事を書いていた。何しろ、村山氏といえば、マザーズ上場第1号で、上場廃止になったあの「リキッドオーディオ・ジャパン」の監査役に天下ったこともある御仁なのだ。
2010年6月29日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセスジャーナルを潰せ! 本紙・山岡逮捕説まで出ていた「INAX事件」(Ⅱ)

 この事件の全貌がかすかだが見えて来た。この事件、まず今年2月16日、大阪市の自営業・今田順二氏など3名が逮捕されている。容疑はINAXの信用を毀損する“中傷文”を関係先に送りつけたというものだが(ただし処分保留に)、その後、2名はさらに3度も逮捕されている。3度の容疑は、同じく匿名の“中傷文”による名誉毀損容疑。名誉毀損容疑は親告罪で、訴えた個人にはINAX社員は一人としていない。INAX社員の奥さんの件で1件。後の2件はINAXの上野緑工場(三重県伊賀市)に社員を派遣している地元企業=「金澤物流サービス」の幹部社員の分が1件、もう一件は金澤物流の社長の親族2名のものだ。一方、この今田氏などの逮捕から約1カ月遅れて逮捕された大塚万吉氏も、現在までに計3回逮捕されている。INAX社員の奥さんの分を除いて、今田氏などの分と重なる。この事実を見ると、この事件、「INAX事件」というより、「金澤物流」関係者に対する名誉毀損事件といった方が適切だろう。
2010年6月29日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.28

<ミニ情報>「INAX事件」、明日、本紙・山岡の検事調べ

 その動向を逐一、報じている「INAX事件」ーー三重県警組織犯罪対策課の捜査員が、本紙・山岡の自宅で事情聴取を6月21日に行い、22日に調書を作成したが、続いて明日6月29日午前中には検事調べがある。基本的に、担当検事は、警察が作成した調書や証拠物を元に公判に臨むわけだが、公判を維持する上で(重要な)、その調書に書かれているだけではわからないこと、調書の内容への疑問などがあれば、その調書をとった当人を呼んで直に調べる。それはよくあることで、本紙・山岡の検事調べも特別のものではないと思われる。
2010年6月28日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.27

逃げ果せた!? 「SFCG」“資産隠し”に手を貸した大島健伸元会長“側近4人衆”

 6月16日、大島健伸元会長と共に逮捕された社員2名につき、SFCGのOBの間ではかなりの同情論があるようだ。徹底してワンマンだった大島元会長の下でやっていくには、完全なるイエスマンになる大半と、大島被告の信任を利用して私腹を肥やすごく少数の強かな者のどちらかしかまず存在できず、今回、逮捕されたジャスダック上場の投資会社「MAGねっとホールディングス」の元業務部長(30)、元業務部課長(35)は前者のイエスマンに過ぎなかったからだという。「吉田は京大、守川は東大出ということで、頭が切れて主導したと刑事さんは思われているのかも知れないがとんでもない。機械の部品と同じで、大島にやれと言われたら何でもやるタイプでしたね」(現役時代、知り合いだった複数のOB)。一緒に逮捕された大島被告の息子、MAGねっとホールディングスの社長だった大島嘉仁被告(33)すら、絶えず父・健伸被告の顔色を覗い、おろおろした感じだったという様子を聞くと、そういう見方もわからないでもない。もっとも、立件する上で、この2人の供述は必要不可欠だし、いい大人が、いくらオーナー命令だからと法律を犯していいわけがなく、逮捕は当然ではあるが……。とはいえ、OBたちの間で、この2名が逮捕なら、こちらが逮捕されないのはおかしいという者が4名いるという。その4名とは、誰なのか?
 2010年6月28日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

<連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第11回 桝澤徹元社長の資産の原資はどこから!?」(下)

 東証2部の投資会社「ジェイ・ブリッジ」(東京都墨田区)の医療再生ファンドを巡る数々の疑惑、やはり大きな問題だけに、関心を持っているマスコミは本紙だけに止まらない。会員制情報誌『FACTA』の最新号(7月号。6月20日発売)でも、2頁割いて特集記事を組んでいる。それにしても、そのタイトルでジェイ社=「最後のハイエナ」とまで表現しているのだ。同社の体質が窺い知れる。そして、その最大の“戦犯”は桝澤徹前社長だとしている。だが、その桝澤氏は責任を問われるどころか、同記事でも紹介されているように、通称「桝澤ハウス」と呼ばれ、時価15億円以上ともいわれるシンガポールの豪邸に住み、悠々自適の生活を送っていることは、本紙でもこの連載9回目で報じた通り。その連載9回目で、本紙は「桝澤ハウス」以外にも、国内でかつて2つの高級マンションを購入していた事実を報じたが、桝澤氏の不動産資産の“痕跡”は他にもあった。
 2010年6月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月20日 - 2010年6月26日 | トップページ | 2010年7月4日 - 2010年7月10日 »