« 2010年6月6日 - 2010年6月12日 | トップページ | 2010年6月20日 - 2010年6月26日 »

2010.06.19

「日本年金機構」入札情報漏洩先3社の実名

「日本年金機構」が揺れている。例の宙に浮いた年金記録問題で世の批判を浴びたのは記憶に新しいが、今度はその解消のための年金記録の紙台帳とコンピュータ記録の照合作業の外注のための入札で、年金機構職員が入札前、情報を漏洩していたことが発覚したからだ。そもそも、自分たちのミスの挽回を、民間企業にさらなる我々の税金を使って外注すること自体、疑問だが、それは決定事項故置くとして、この秋から始まるこの照合作業の総予算は実に2000億円とも言われる。その入札がこの5月25~27日に一般競争入札された。この照合作業は、全国29拠点で行われることになり、入札も29件。結果、予定価格を下回る入札者がいなかった埼玉拠点を除き28箇所が決定した。1箇所でも落札した業者は6社。その内、情報漏れがあったことが判明した業者は3社。その3社だが、A社は実に12件、B社は9件も落札していたのだ。この2社だけで実に28件中21件(72%)、C社の2件も加えると82%もの独占率になる。この事実1つ見ても、また、その巨額予算からしても今後、大問題になっておかしくない。だが、いまのところ、この3社の社名は公表されていない。
 2010年6月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.18

「また開催される、裏ガネ使った旧総務省の“次官等を囲む会”」

 中央省庁等の人と政策に関する月刊情報誌『時評』(時評社)のこの5月号(5月1日発売)に掲載された、岡本保総務省事務次官の発言につき、省内の一部から異論の声が出ている。総務省は最近、今年度の取り組み指針を盛り込んだ「行政評価等プログラム」をまとめ、その目玉として、中央省庁の不正経理を防ぐためのチェック機能強化を打ち出した。そこで岡本次官自ら同誌に登場し、総務省のHPを通じて、国家公務員自身による裏ガネ作りを始めとする不正経理の内部告発を大歓迎すると呼びかけた。これだけ聞けば結構な話とも思うのだが、同省関係者はこう吐露する。「その岡本次官自身が、裏ガネで接待を受けているんですよ。“よく、そんなこといえたもんだ”というのが、少数ではありますが、良識派の率直な声ですよ」。本誌は今年4月27日、「総務省が隠蔽したある係長の自殺(3)ーー自殺直後に開かれた次官・秘書課を囲む会のメンバー」なる記事を報じている。そこでも述べたことだが、この会は、次官を始めとする総務省幹部を接待する、一部身内(旧自治省)の私的な会合。そして、その費用は各部署毎にプールした裏ガネが使われているという。そして、その後も同様の会は続けられており、本紙はまた近く開催されるとの情報をキャッチした。
 2010年6月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(272)「武富士」武井健晃副社長脅迫事件の背景

 6月15日、東証1部、消費者金融大手「武富士」(東京都新宿区)の武井健晃副社長(40)の東京都杉並区の自宅に、銃弾のようなものと、脅迫文が入った手紙が郵送され、警視庁高井戸署が脅迫容疑で捜査していることが明らかになり、大手マスコミが一斉に報じている。犯人はいったい誰で、何の目的で出されたのか? 大きなヒントになるのは、その脅迫文の内容。そこには、「貴様らは、亡武井の約束を破った。その報いは、受けてもらうぞ。覚悟しておけ」と記されていたという。また、封書の裏の差出人を書く場所には故人で、副社長の父である武井保雄氏(武富士創業者で元会長)の名前があったという。
 2010年6月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「INAX事件」、本紙・山岡にも任意の事情聴取要請

政治的圧力があるとしか思えない不可解な事件故、新たな情報が入り次第お伝えしている「INAX」事件だが、1時間ほど前、本紙・山岡に三重県警組織犯罪対策課の捜査員を名乗る者から「この間の事情を伺いたい」と電話が入った。「それは任意の事情聴取ですか?」と問うと、「そう受け取ってもらっていい」とのことだった。そもそも、どうこう言われることなど何らしていないし、多忙なので、その瞬間、三重まで来てくれとのことなら断ろうと思った。だが、向こうから来るというので、それなら時間を取ることにした。それにしても、親会社「住生活グループ」の内部調査に協力までしている本紙・山岡にまで事情聴取要請が来るとは、いったい、これはどういうことなのか?
 2010年6月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.06.17

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第95回 松浦君、心して聞け。エリカより母親デビューの方がマシだったのでは!?」

 エリカ様は先日、締まりのないタレッ尻をご披露したが、本人はその夜の打ち上げで「今日は私が最高だった!」と大はしゃぎだったようだ。筆者の書いたことがまさに的中で「あの尻見せはマドンナを意識した」んだと。マドンナは鍛えています。尻もビシッとしてます。エリカの大ハシャギに打ち上げを主催したエイベックスの松浦勝人君(下写真)も、唖然、呆然だったとか。浜崎あゆみをスターにしたことで、松浦君も自分の目(エリカを大スターに)は確かだと錯覚したんじゃないのか?筆者が「オリコン」当時、大ヒットを予言した曲は数え切れないが、発掘した歌手は藤圭子、ちあきなおみ、カルメン・マキ、五木ひろしと全員大スターになっている(カルメン・マキだけはエリカ同様、オトコに狂って消えて行ったが)。これだけ発掘したら“目がある”と公言しても誰も反論はできない。そんなことより、やはりエリカ離婚を仕掛けたのは母親(沢尻リラ)で、どうもエリカの事務所を設立(すでに設立しているだろう)して、レストランバーの雇われ店長で5月末に結婚式を挙げた兄が社長で、所属タレントはエリカと母親なんだと。
 2010年6月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.16

本紙に逮捕前、釈明ーーついに逮捕された「SFCG」大島健伸元会長ら

 警視庁捜査2課は本日、破産手続き中の商工ローン大手「SFCG」(東京都中央区)の元会長・大島健伸(62)、長男で系列のジャスダック上場「MAGねっとホールディングス」(東京都港区)社長・嘉仁ら4容疑者を逮捕した。容疑は、SFCGが民事再生法の適用を申請する直前、親族会社「白虎」(大阪府箕面市)にSFCGの貸付債権を違法に譲渡したり、その違法性を隠すために譲渡契約日を虚偽記載するなどし、SFCGと債権者に損害を与えた民事再生法違反(詐欺再生)と会社法違反(特別背任)。ちなみに、本紙はこの「白虎」の存在と、その債権譲渡疑惑につき、すでに昨年3月時点で報じていた。同社はSFCGが民再申請するわずか2週間ほど前に10万円で合同会社として設立され、代表の星野英男氏は大島元会長の義弟。その星野氏は当時、同住所(東京都台東区上野3丁目)にあった親族企業「IOMA REAL ESTATE」の代表でもあるが、同じく民再申請前、大島元会長の渋谷区松濤の豪邸に同社が巨額抵当権を付けたり、やはりSFCGの債権が譲渡されるなどしている。ところで、大島元会長は本紙に人を介して接触して来、本紙・山岡は昨年6月1日……。
2010年6月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<新連載>『金沢誠のメディアチェック』(第3回)「朝日新聞、秋山耿太郎社長はなぜ続投!?」

 業績低迷で辞任が取り沙汰されていた朝日新聞・秋山耿太郎社長(こうたろう。65)の続投が内定した。05年に社長に昇格し、任期途中での交代が色濃くなっていたが、一転続投となったのだ。6月24日の株主総会で正式決定する。朝日の2010年3月期連結決算は2期連続の最終赤字だった。売り上げは前期比12%減の4703億円、営業損益レベルで41億円の赤字(前期は34億円の黒字)、結果33億円の最終赤字となった(同139億円の最終赤字)。初のベア凍結、そして赤字の責任をとり秋山社長の任期途中での辞任が囁かれていたが、「読売新聞、日経新聞も同様に広告が激減し赤字」(朝日関係者)との理由から辞任は回避されたようだ。朝日が広告集めになりふりかまわないのは、4月に熟女AV女優・志村玲子が広告に登場したことでも明白である。
2010年6月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.15

<ミニ情報>「INAX」事件、今度は大塚万吉氏の事務所社員を逮捕

 政治的圧力があるとしか思えない不可解な事件故、新たな情報が入り次第お伝えしている「INAX」への信用失墜容疑で逮捕された(処分保留。名誉毀損容疑で再逮捕→起訴。同容疑で再々逮捕)大塚万吉氏に関する動向だが、関係者の証言などから、本日、三重県警は大塚氏の事務所(東京都中野区)の社員を逮捕したことがわかった。容疑は信用毀損で、「愛知県内所在の企業」に対するというから、常識的に考えれば、やはり真っ先に考えられるのはINAXということになる。
2010年6月15日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(271)「東芝に関する重大人事情報」

 兜町の事情通の間で、株主総会を直前に控え、総合電機大手「東芝」(東京都港区)の人事が話題になっている。まだ公表はされていないが、すでに東芝グループのシステム開発会社である「東芝ソリューション」(同)の梶川茂司社長は退任が決定しているという。社長に就任して丸5年なので、退任時期との見方もないではないが、実際は、TBSが報じた、東芝ソリューションが落札した特許庁の次期基幹システムの設計開発業務を巡る疑惑の責任を取ってのことだという。
 2010年6月15日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.14

小宮山泰子代議士兄逮捕の「宝くじ販売会社」の気になるメンバー(追加)

 詐欺事件の舞台になった宝くじ販売会社「ニューロッタリーサービス」(東京都渋谷区)には、逮捕・起訴された小宮山徹被告だけでなく、かつて母親も役員に就任していたことを前回報じた。それだけでなく、閉鎖登記(以下に転載)を見ると、小宮山泰子代議士自身も、取締役に就任していたので追加報告しておく。
 2010年6月14日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

APF関連会社を、証券取引等監視委員会が強制捜索

 本紙に入った情報によれば、去る6月8日(火)、投資ファンド「アジア・パートナーシップ・ファンド(APF)」(本社=タイ・バンコク。此下益司会長)の国内関連会社に対し、証券取引等監視委員会は強制捜索に入った模様だ。本紙既報のように、APFは東証2部のゴム関連老舗メーカー「昭和ホールディングス(旧昭和ゴム)」(千葉県柏市)、ヘラクレス上場のコンテンツ会社「ウェッジホールディングス」(東京都千代田区)なども傘下に持つ。また、久間章生元防衛相との緊密さ、為末大選手のスポンサー企業としても知られる。しかし、その投資手法に関して数々の疑惑が上がったいた。また近年は本業の投資の業績が悪化し、資金繰りに相当窮しているとの情報も。
 2010年6月14日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.13

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第94回 元『ミス神戸』妻逮捕。小杉隆元文相は妻の犯罪を知っていた!?」

 いやぁ、驚いた。先月、9000万円詐欺容疑で警視庁捜査2課に逮捕された、小杉隆元文部科学大臣(74)の妻・敬子容疑者(73)は筆者の知人だ。親しいほどではないが、私がスポンサーで、週刊誌編集長、スポーツ紙局長らと酒を飲んだこともあり、住まいも私が目黒区柿木坂、小杉氏の自宅は環状七号線をはさんだ目黒区碑文谷。歩いても10分そこそこで、もちろん同じ選挙区だ。小杉元文相も妻の敬子も養子で、敬子は神戸出身で「ミス神戸」にも選出された美人。小杉元文相は柿の木坂と片側一車線の道路を挟んだ隣の八雲の石屋の次男だった。東京大学教育学部に合格したことで名が知れ、昔の碑文谷農家の大ボスの小杉家に養子に入ったのだ。この養父が長い間、目黒で実力を発揮、自民党の利権政治を支えたのだが、それはこの事件に関係がないので今回は措く。小杉元文相は養子に入って、東大を卒業後、TBSに入社(筆者がオウムビデオ事件のときに、国会へ参考人招致させ、河村たかし現名古屋市長に追及させ、クビを獲った大川常務と同期入社)している。妻とも政治家になる約束はなかったという。小杉元文相は八雲、柿の木坂、碑文谷が固い地盤だっただけに、筆者の住まいの周辺もほとんど小杉支持者だった。周辺でもマジメ一方の小杉氏支持も多かったが、美人で如才の無い敬子支持者も多く、小杉の秘書たちも私の事務所兼自宅にしょっちゅう顔を出していた。私も小杉氏が文相に就任した時の総選挙(橋下龍太郎内閣)で、近くの八雲小学校での小杉隆決起集会で頼み込まれ、夜だったことで酒も入っていたが、あちこち駆け回っている大臣到着までの間、穴埋め挨拶をさせられたこともある。
 2010年6月13日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

政治家 | | コメント (0) | トラックバック (0)

小宮山泰子代議士兄逮捕の「宝くじ販売会社」の気になるメンバー

 5月25日、警視庁捜査2課などが、民主党の小宮山泰子代議士(埼玉7区。当選3回)の兄・小宮山徹被告(48。6月11日に起訴に)などを詐欺容疑で逮捕したのは本紙でも既報の通り。その詐欺の舞台になった徹被告が実質、経営していたとされる宝くじ販売会社とは「ニューロッタリーサービス」(東京都渋谷区)だが、その会社の役員を眺めると興味深い事実がいくつも目につく。今回、徹被告と共に社長も逮捕された(処分保留に)が、約1年半ほど前まで長く社長の地位にあったのは徹被告、そして小宮山代議士の母でもある小宮山矩子氏だったという事実もその一つ。不肖の兄が、小宮山代議士や小宮山家とはまったく無関係に会社を設立し、詐欺の舞台に利用していたのではなく、そもそもこの宝くじ販売は小宮山家にとって以前からの利権だったのだ(関東圏で約20店舗を経営)。実際、事件後、そうしたことを示唆する「ビラ」が各地に郵送されており、本紙も入手している(以下に転載)。
 2010年6月13日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

政治家 | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月6日 - 2010年6月12日 | トップページ | 2010年6月20日 - 2010年6月26日 »