« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2010.06.12

<連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第10回 被害者らしからぬ神奈川歯科大学の態度)

 本連載、前回は東証2部の投資会社「ジェイ・ブリッジ」(東京都墨田区)が経営危機に陥っているなかで、桝澤徹元社長は国内外に複数の高級不動産を所有しており、その資金の原資がどこから来ているのか疑問を呈した。もう一回、その続きを予定していたが、週明けの6月14日(月)を回答期限とする「確認書」を、医療再生ファンド(「SRIメディカル1号ファンド」)を運営する「港ブリッジキャピタル」(代表・山崎耕史氏)が「神奈川歯科大学」(神奈川県横須賀市)に出していることがわかったので、こちらについて先に報告する。既報のように、ジェイ・ブリッジは起死回生と、この医療再生ファンドをブチ上げ、自社(約27億円)も含め総額約41億円を九州の医療法人「杏林会」に投じたものの失敗。今年8月末の償還期を前に、九州の別の医療法人「相生会」にその出資持ち分すべてを22億円で譲渡することを5月20日、IRしている。港ブリッジは、神奈川歯科大学の投資分が7億4500万円とジェイ社に次いで多いことから、その“賛否”の確認を求めて前述のように確認書を出したわけだ。もっとも、常識的に考えれば、とても賛成などできる話ではない。すでに7000万円を出資していた「ふくや」らは虚偽の勧誘をしたとして、ジェイ社や桝澤元社長、港ブリッジの代表でもある山崎氏らに対し損害賠償請求訴訟を提起、刑事告訴も検討している。また、小口の個人投資家は前出・山崎氏に抗議の「通知書」を送り、前出・相生会に譲渡することを決めた経緯、理由の記載文書などの内部資料を同じく6月14日までに提出することを要求している。何しろ、相生会に売れても償還される額は出資分の約半分に過ぎない。しかも、自己責任ならまだしも、これら出資金は「(医療法人の)出資持分の取得にのみ充てられ、不動産の流動化のための資金には充てられなかった」「(不動産の流動化をできず、利潤を生む可能性がないこと)についての説明を受けていれば(略)そもそも出資などしてなかった」代物なのだから、無理もない。さらに、詳細は後述するが、22億円よりもっと高値で購入してくれる医療法人が存在すると来ている。こうした事情から、ジェイ社以外のほとんどの出資者は反対の声を上げている。ところが、1人、神奈川歯科大学だけはジェイ社に対し、今回の“損切り”譲渡を「賛成」とするとの見方が出ている。なぜ、なのか?
 2010年6月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


投資ファンド | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.11

「昭和大学」と「江東区」共同の病院建設計画に疑惑浮上(告発文書まで登場)

 東京都江東区(山﨑孝明区長)は、医系総合大学「昭和大学」(小口勝司理事長)と共同で、2013年度中の「昭和大学新豊洲病院」(仮称。ベット数4~500)」開設を目指している。場所は豊洲5丁目で、すでに区は約40億円の補正予算を組み、昨年7月28日、東京都から病院用地(約4545坪)の払い下げを受けている。一方、昭和大学はこの病院建設計画において看護師寮までは確保できなかったとして、その隣接地に、すでに今年4月16日、看護師寮を建てるための土地(約990坪)を約40億円出して購入している。ところが、最近になり、この病院建設につき、「昭和大学の疑惑」なるタイトルの「告発文書」(A4版12枚。上写真)が関係者の間に流れ、その真偽を含め話題になっている。その文書の趣旨を一言でいえば、ワンマン経営で知られる昭和大学の小口理事長と江東区、さらには土地を払い下げた都(石原慎太郎知事)との間で、何やら“密約”があるのではないかというのだ。その根拠の一つに挙げられてるのが……。
 2010年6月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

教育 | | コメント (0) | トラックバック (0)

<ミニ情報>「シルバー精工」西銘和男前執行役員から連絡

 西銘和男氏といえば、東証1部上場「シルバー精工」(東京都新宿区)の執行役員兼社長室長に就任、5月24日、来る6月25日の定時株主総会を経て、代表取締役会長に就任予定だったのに、6月3日、一転、執行役員を退任になり、代表取締役会長への就任予定もない話に。そして、連絡が取れなくなっていた。ところが、1時間ほど前、その西銘氏本人から連絡があった。
 2010年6月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

経済事件 | | コメント (0) | トラックバック (0)

これが8億円脱税で逮捕・起訴された暴力団組長のダミー会社群

 本紙は昨年10月、東京地検特捜部が東京・銀座の一等地の旧「秀吉ビル」を巡る脱税容疑で、複数の関係先を強制捜索したことをスッパ抜いている。その後、今年1月20日、この稲川会系組長・中村富夫被告(60)は逮捕され、すでに2月9日起訴されている。もっとも、その後も容疑を否認していることなどから、いま現在も保釈にはなっていない模様だ。今回、この件を報じるのは、その後の別件事件などの取材の結果、中村被告関連の複数のダミー会社などの存在が明らかになったためだ。中村被告が実質、経営の「湊開発」(東京都港区)が、この旧「秀吉ビル」の土地の借地権と建物の所有権の大半を取得し、不動産会社「クオリケーション」に売却したのは05年7月。売却価格は約44億円で、実に約26億8000円の利益を得ながら、間に赤字のダミー会社「東京公営」(港区)を噛ませ、仕入れ費名目でダミー会社に利益を付け替え赤字と相殺するなどして課税される所得を発生しないようにし、法人税約8億円を免れたとされる。中村組長の組は、不動産の他、金融業も手掛け、稲川会のなかでも有数の資金力ある組織とされる。都心部の不動産取引は長年、暴力団の有力資金源とされ、また納税もしていないと見られるが、しかし、複数のダミー会社を複雑に介在させているため、これまで暴力団当事者が逮捕される例は極めて稀。今回は、中村被告の関連口座に20数億円が入金されていたことが確認できたことから、逮捕・起訴に漕ぎ着けることができたようだ。
2010年6月10日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


右翼・ヤクザ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.10

「アートコーポレーション」会長の下半身事件と、本紙指摘の重大疑惑との接点

 引っ越し専業首位、東証1部「アートコーポレーション」(本社・大阪府)の代表取締役会長だった寺田寿男氏の下半身事件に関しては、本紙でも指摘の通り。これとは別に、本紙はまったく独自に、同じく寺田氏(アート社相談役としては残る)が関わる重大疑惑について報じた。この重大疑惑、一見、下半身事件とはまったく無関係のようだが、実は重大な接点があった。というのは、本紙既報のように、アート社の広告のほとんどは「オフィスアイ・エヌ・ジー」(以下、ING略。東京都港区)なる広告会社が長年仕切って来て、そのINGの経営不振のなか、同社を通じてアート社から広告を取っていた各社との間で金銭問題が起き、訴訟になったわけだが、では、なぜ、INGはそこまでアート社と親しくなれたのかとの疑問に関する答えを与えてくれる。
2010年6月10日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

経済事件 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.09

札付き先物会社「コムテックス」の広告塔を務める竹中平蔵元国務相

 冒頭写真(同社HPより)のように、竹中平蔵元国務相は、「コムテックス」という会社の創立55周年の記念講演会を行うという。講演テーマは「今後の日本経済と成長の展望」とのことだ。だが、このコムテックスはいかなる会社か。先物取引会社で、とてもまともとは思えないのだ。本紙では過去、同社が営業停止処分を受けたこと、業界団体からも過怠金制裁を受けていること、多くの訴訟を提起されていること、社員が詐欺罪で逮捕になったこと、同社の実態を暴いた本まで出ていることなどを再三報じて来た。元国務相、参議院議員も務めた社会的立場を思えば、講演会を引き受けるにあたり、相手がどんな企業か調べるのは社会的責任。まして、コムテックスの場合、インターネット検索すればこれら事実はたちどころにわかるのだから、知らなかったでは済まない。
2010年6月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

政治家 | | コメント (2) | トラックバック (0)

<ミニ情報>「INAX」事件、大塚万吉氏の事務所、今度は福岡県警が強制捜索

 政治的圧力があるとしか思えない不可解な事件故、新たな情報が入り次第お伝えしている「INAX」への信用失墜容疑で逮捕された(処分保留。名誉毀損容疑で再逮捕→起訴。同容疑で再々逮捕)大塚万吉氏に関する動向だが、関係者の証言などから、去る6月4日(金)午後、福岡県警が、大塚氏の東京都中野区の事務所を強制捜索していたことがわかった。ただし、捜索容疑は大塚氏に関してではなく、同事務所に出入りしていたとされる別人に関するものとのことだ。
2010年6月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

政治 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.06.08

損失約6・5億円の重大疑惑ーー「オーベン」に出された株主総会向け「質問状」

 本紙は来る6月11日(金)開催の株主総会において回答を求める、株主が投資事業会社「オーベン」(東京都世田谷区)の上野智司社長に宛てた「質問状」コピーを入手した。オーベンといえば、旧「アイ・シー・エフ」。マザーズに上場していたが、証券取引法違反(偽計)の嫌疑で証券取引等監視委員会に告発され、佐藤克元社長、豊臣春国被告らは08年2月に逮捕され、同年4月に同社は上場廃止になった。もっとも、事件化したのはごく一部で、当時、オーベンは次々と企業買収を行ったが、そのほとんどは実態のない会社で、当時の役員、関係者が裏で不正に利益を得たのではないかとの指摘がされていた。こうしたなか、上場廃止から約2年を経て、一部株主によって裏づけ調査がようやく進み、この度の質問になったようだ。なお、この質問状には、株主総会で回答をせず、不問に伏す場合には、株主代表訴訟を提起する意向だと明記されている。また、並行して刑事告訴も行うようだ。その疑惑の人物としては、前出・佐藤元社長の他、現社長の上野氏、川上八巳被告、「シグマ・ゲイン」の長田雄次社長などの名前が挙がっている。本紙はこの5月9日、シグマ・ゲインの株主総会で飛び出した疑惑について報じているが、今回の件、シグマの社長まで出て来るのは、シグマがオーベン側に価値のない会社を買わせ不良債権化したまさにその案件についてのものだからだ。
2010年6月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


投資ファンド | | コメント (0) | トラックバック (0)

「アートコーポレーション」寺田寿男前会長の関わるもう一つの重大疑惑

 本紙でも既報のように、創業者で代表取締役会長だった寺田寿男氏(64)のハレンチ犯罪で大揺れの引っ越し首位、東証1部「アートコーポレーション」(本社・大阪府。寺田千代乃社長)だが、その寺田氏が深く関与していたと思われる別の重大疑惑がある。本紙はこの件を一昨年、5度に渡って報じ、アート社にも見解を求めたが同社は完全否定している。だが、いま現在も尾を引き、同社の将来のリスクになっている。今年2月10日、アート社はHPで、広告会社「アサツーディ・ケイ」(東京都中央区)から、約3億8000万円の業務委託料等請求訴訟を東京地裁に提起されたことをIRしている。アート社はこれに先立ち、同様の訴訟を別の3つの広告会社からも提起されており、その請求額は4社総計すると実に約32億7000万円にもなる。この事実一つとっても、容易ではない事態が水面下で起きていたことが察せられる。
2010年6月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

経済事件 | | コメント (1) | トラックバック (0)

<新連載>『金沢誠のメディアチェック』(第2回)「ニッポン放送、初の赤字で社長交代へ」

  民放ラジオの雄、「ニッポン放送」(本社・東京都千代田区)は2010年3月期決算で4億円の最終赤字を出した。そのため同社生え抜きの磯原裕社長(65)は取締役相談役に更迭され、村山創太郎協同広告会長(65)が次期社長に内定した。ニッポン放送はAMラジオ局としてはもっとも古い。だが最近は聴取率調査でTBSラジオに差をつけられ、昔のように伝説の営業マンもいなくなり営業能力も弱体化していた。それにしても、なぜ。こうした不測の事態に追い込まれたのか。詳細に触れる前に最近の状況を説明しておきたい。同局は1954年に設立されAMラジオの象徴として業界に君臨して来た。96年に東証2部に上場。03年に村上ファンド、05年にはライブドアのホリエモンに株を買い占められ事件になったのは記憶に新しい。06年3月に新しく発足したフジ・メディア・ホールディングス(FMHD)に吸収合併され、上場廃止。同年4月に分割新設され再スタートを切った。当時の社長は、有名ディスクジョッキーだった亀淵昭信氏。ただ、いささか経営能力に欠け、暇があると山登りばかりしている御仁だった。ホリエモン事件当時もたびたび山登りに出かけていたため、「越える山はもっと他にあるだろう」と揶揄されたこともある。
2010年6月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


報道・マスコミ | | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.06.07

<連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第9回 桝澤徹元社長の資産の原資はどこから!?」(上)

 本紙で連載中の東証2部の投資会社「ジェイ・ブリッジ」(東京都墨田区)の“闇”を知る最大のキーマンは桝澤徹ジェイ・ブリッジ元社長であることは、同社のことを多少とも知る者であれば誰も異論はないだろう。この連載記事の中核を成す医療再生ファンドは桝澤氏が社長時代、自ら率先して立ち上げたものだ。だから、このファンドを巡る訴訟で桝澤氏も被告訴人になっているわけだ。その桝澤氏、現在、シンガポールに居を移しており、この自宅の豪華さは知る人ぞ知る話(09年国際建築賞の最優秀デザイン部門で優勝し、観光名所になっているほど)。「セントーサという地域にあるのですが、ここは日本でいえばお台場+ディスニーランドのような離島。シンガポール政府が、外国人の資産家を誘致し、経済を活性化させるため、政策的に大変力を入れて開発したリゾート地域です。今年4月、この地域には同国初の公営カジノ、ユニバーサルスタジオがオープンした他、ゴルフ場も併設されています」(事情通)。住居地域は区画を決めて政府が売り出しており、主にインドネシアなどの富豪が争って購入。桝澤氏はここを2区画保有し、その資産価値は土地だけで約10億円、建物も含めると15億円を下らないと見られる。そして、その車庫にはベンツ、フェラーリ、BMWなどの高級車が並ぶ。それだけでも大変な資産(抵当権は付いていないとのこと)だが、桝澤氏の資産はこれだけに止まらない。本紙は桝澤氏が約2年前まで、都内の2つの超高級マンションの部屋をダミー会社を使い、所有していたことを確認している(やはり抵当権設定なし)。
2010年6月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


投資ファンド | | コメント (0) | トラックバック (0)

<新連載>『金沢誠のメディアチェック』(第1回)「読売新聞社長人事」

 読売新聞の次期社長候補が絞られてきた。
 弘中喜通氏(62)で、07年5月から日本テレビ(取締役・常務執行役員)に転出していたが、この6月、読売新聞に専務メディア戦略担当・システム担当・制作局長なる要職で戻ることになったためだ。読売新聞から日テレに転出した幹部が復帰するのは異例。同じく6月に常務(論説委員長)から専務に昇格する白石興二郎氏(63)と社長レースを繰り広げることになる。ただ、現時点で弘中氏は、渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長から後継者に指名されたとの情報もあり、同氏の方が頭ひとつリードした格好である。
2010年6月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

報道・マスコミ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.06

「アートコーポレーション」会長を脅した男の正体

 引っ越し専業首位、「アートコーポレーション」(大阪府)に激震が走っている。創業者で、代表取締役会長の寺田寿男氏(64)は、当時、16歳の女子高生に18歳未満と知りながら“淫行”していたことが発覚、警視庁少年育成課は6月2日、東京都青少年健全育成条例違反(性行などの禁止)容疑で寺田氏を書類送検した。アート社は東証1部にも上場している、年商約700億円の優良企業。また、妻で同社社長の寺田千代乃氏は04年、関西同友会代表幹事を務めた(女性初)こともある。こうした社会的責任の高い企業トップの一方が、あろうことか、最もハレンチといっていい犯罪を犯していたのだから無理もない。なお、寺田氏は4日、アート社の代取会長だけでなく取締役も辞任した。それにしても、なぜ、寺田氏の犯罪は表面化したのか!?
この手の犯罪、企業ダメージも大きいだけに、何としても阻止しようとするのが常。結論をいえば、寺田氏もカネを払って一度は解決しようとした(総額約2000万円)が、まだまだ取れると思った相手側がさらに金銭を要求したため、このままではズルズルとたかられ続けると思って大阪府警に恐喝容疑で刑事告訴したからだ。その相手、実は本紙は別件で今年4月6日、実名報道していた。
2010年6月6日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

経済事件 | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »