« 旧「東邦グローバル」オーナーの正体 | トップページ | 民主党マニフェスト目玉だったあの「八ッ場ダム」、無駄どころか、ヒ素汚染の重大懸念 »

2010.12.18

スポーツマスコミは絶対に書けない、アスレチックス入りした松井秀喜夫婦のいま

 12月14日、松井秀喜選手(36)の米大リーグ・アスレチック入りが決まったのはご存じの通り。そんななか、今週発売の『週刊大衆』でも、「松井秀喜の嫁は存在しない!」とのタイトルで報じられるように、松井夫婦の動向は、わが国を代表する国際的なスターの一人であるにも拘わらず完全にタブーになっている。単に不仲とか、離婚危機が叫ばれるなか、マスコミが松井に配慮して書かないなんていうレベルではなく、松井の妻の場合、まだ一度としてマスコミに顔出ししたことがないどころか、松井番記者さえ、ただの一度して後ろ姿さえも見たことがない(米国で少なくともヤンキース時代は同居していたとされるが……)というのだから、もはや奇っ怪といってもいいほどだ。松井が結婚したのは08年3月のこと。相手は富山県出身のスポーツメーカー勤務(当時)の8歳年下とされる。だが、「一般人だからプライベートなことは明かさない」との理由から、結婚記者会見も松井一人が出て写真でなく、松井自身と実兄の書いた似顔絵だけが公表されるというこれまた異様なものだった。しかも、松井と番記者との関係は極めて良好で、信頼関係も強いとされるが、なぜか、「一度でいいから公開してくれ!」との要請さえ断ったとされる。いったい、どういうことなのか?
2010年12月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 旧「東邦グローバル」オーナーの正体 | トップページ | 民主党マニフェスト目玉だったあの「八ッ場ダム」、無駄どころか、ヒ素汚染の重大懸念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50337098

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツマスコミは絶対に書けない、アスレチックス入りした松井秀喜夫婦のいま:

« 旧「東邦グローバル」オーナーの正体 | トップページ | 民主党マニフェスト目玉だったあの「八ッ場ダム」、無駄どころか、ヒ素汚染の重大懸念 »