« 海老蔵会見への疑問と、まだ報道されていない情報 | トップページ | 海老蔵全裸撮影説で思い出される「松竹」会長24年前の監禁事件との共通点 »

2010.12.09

旧自治省派閥の「次官等を囲む会」報告ーー本紙スッパ抜きで、総務相は欠席

 一部官僚の個人的な出世、利権欲のための談合組織としか思えない旧自治省(合併され現・総務省に)派閥の「次官等を囲む会」は、本紙スッパ抜き通り、さる12月1日開催された。もっとも、予定されていた片山善博総務相(岡田保事務次官と旧自治省同期)は出席を見合わせたこともあり、今年6月開催に続き(この時は中止に)、また内部通報者がいるとしてまた省内職員のパソコン・チェックを中心に犯人捜しが始まっているという。もっとも、石原信雄元内閣官房副長官(やはり旧自治省元キャリア)は予定通り出席。彼らに反省の色はなく、相変わらず公益のためでなく私権漁りに勤しんでいるという。
2010年12月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 海老蔵会見への疑問と、まだ報道されていない情報 | トップページ | 海老蔵全裸撮影説で思い出される「松竹」会長24年前の監禁事件との共通点 »

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50256672

この記事へのトラックバック一覧です: 旧自治省派閥の「次官等を囲む会」報告ーー本紙スッパ抜きで、総務相は欠席:

« 海老蔵会見への疑問と、まだ報道されていない情報 | トップページ | 海老蔵全裸撮影説で思い出される「松竹」会長24年前の監禁事件との共通点 »