« 伊藤鉄男最高検次長に関する仰天天下り説 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第5回)「韓国映画の警察の描かれ方」 »

2010.12.03

実家登記は「松竹」のまま。「海老蔵」新居は1億8000万円借入競売物件

 昨日、『週刊文春』『週刊新潮』といった、この分野に強い主要メディアの記事が出揃った。さすがに、関係者に取材し、暴行事件の晩の海老蔵の動向を詳細に報じている。それによれば、“飲み仲間”との酒を巡るトラブルが発展した単純な暴行事件ということになる。そうかも知れないが、しかし、やはり前回記事のように、それでは翌日の重要な会見をキャンセルしてまで飲酒した必然性が見えて来ないのだ。しかも相手が悪過ぎる。指名手配されているI・R(26)は構成員ではないものの、ある組織と関係があるし、同席していたY氏は現役の組員と見て間違いない。ある別の組織の中堅幹部は、こう証言する。「Yは知っている。うちのシマに入って来たので追い出した。その際、身元を取ったからだ」。
2010年12月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 伊藤鉄男最高検次長に関する仰天天下り説 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第5回)「韓国映画の警察の描かれ方」 »

コメント

◇─●世界一番~~腕時計最新作●─◇


当店には各種の国際ブランドコピー品を売り出します。
財布、腕時計を経営します。すべて人気商品です。
ルイヴィトン、シャネル、グッチ、ロレックス
ブルガリ,IWC,オメガ等提供しております。

価格と品質は私たちの最大の割引が反映されます
オーダーへようこそ。このやりがいのある経験。
幸せなショッピングを望む。


URL:http://www.brand-copy-jp.com
店長: 松花莫莫子
メール: brandcopyjp@yahoo.co.jp

投稿: 松花莫莫子 | 2012.03.20 16:52

◆ 2010年最も人気がある商品!!
ブランド激安ウェブサイトです_ヴィトン偽物を販売しています_
ルイヴィトンコピー 、シャネルコピー、グッチコピー 、
エルメスコピー、ロレックスコピーが揃って、シャネル偽物 、
グッチ偽物 、エルメス偽物、ロレックス偽物が揃って、
バッグコピー、財布コピー、腕時計コピー、通販します
◆ ★2010年最高等級時計大量入荷超人気!!!★
◆ ★2010年最新作シャネル新品、新素材入荷
◆ 2010年最も人気がある商品!!
↓↓↓
2010新作入荷!注文割引開催中
★注文金額30000~50000円以上:3%OFF.
★注文金額50000~100000円以上:5%OFF.
★注文金額100000~200000円以上:10%OFF.
★注文金額200000円以上:10%OFF.
↓↓↓
◆ 当店URL: http://www.bag19.com
◆ 当店URL: http://www.mmbrand.net
http://www.abbbao.com

投稿: 美恵子 | 2010.12.08 21:27

◆ 2010年最も人気がある商品!!
ブランド激安ウェブサイトです_ヴィトン偽物を販売しています_
ルイヴィトンコピー 、シャネルコピー、グッチコピー 、
エルメスコピー、ロレックスコピーが揃って、シャネル偽物 、
グッチ偽物 、エルメス偽物、ロレックス偽物が揃って、
バッグコピー、財布コピー、腕時計コピー、通販します
◆ ★2010年最高等級時計大量入荷超人気!!!★
◆ ★2010年最新作シャネル新品、新素材入荷
◆ 2010年最も人気がある商品!!
↓↓↓
2010新作入荷!注文割引開催中
★注文金額30000~50000円以上:3%OFF.
★注文金額50000~100000円以上:5%OFF.
★注文金額100000~200000円以上:10%OFF.
★注文金額200000円以上:10%OFF.
↓↓↓
◆ 当店URL: http://www.bag19.com
◆ 当店URL: http://www.mmbrand.net
http://www.abbbao.com

投稿: 美恵子 | 2010.12.08 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50195854

この記事へのトラックバック一覧です: 実家登記は「松竹」のまま。「海老蔵」新居は1億8000万円借入競売物件:

« 伊藤鉄男最高検次長に関する仰天天下り説 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第5回)「韓国映画の警察の描かれ方」 »