« これが、橋下徹府知事懲戒請求弁護士への脅迫電話の内容 | トップページ | スポーツマスコミは絶対に書けない、アスレチックス入りした松井秀喜夫婦のいま »

2010.12.17

旧「東邦グローバル」オーナーの正体

 本紙はつい先日、大証2部の住宅会社「クレアホールディングス」(旧「東邦グローバルアソシエンツ。東京都港区)」のオーナーはM氏で、そのM氏と仕手筋が組んで、水面下で最後の仕手戦を画策している模様との記事を書いたが、その後、この一方のM氏の正体が判明したので追加報告する。このM氏、松崎弘和氏という。実はこの松崎氏、逮捕歴がある。松崎氏は外車輸入販売会社社長をしているが、03年9月、警視庁玉川署に恐喝容疑で逮捕されている。「ある会社役員に通訳してもらって、イタリアの販売会社とフェラーリなど高級外車3台を約1400万円で購入する契約を結んだ。ところが、実際には1台しか納品されなかった。それで、契約したイタリアの販売会社に対してならまだわからないでもないが、お世話になった通訳に対し、『契約したのはお前が紹介したからだ。カネを返さないならぶっ殺す!』などと言いがかりをつけて、その通訳から1070万円相当のフェラーリ1台を奪い取り、その一週間後にもさらに現金を脅し取ろうとしていたんです」(関係者)。何とも粗暴な犯行だが、実はこの松崎氏、元暴力団組長とも親交がある。
2010年12月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« これが、橋下徹府知事懲戒請求弁護士への脅迫電話の内容 | トップページ | スポーツマスコミは絶対に書けない、アスレチックス入りした松井秀喜夫婦のいま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50329097

この記事へのトラックバック一覧です: 旧「東邦グローバル」オーナーの正体:

« これが、橋下徹府知事懲戒請求弁護士への脅迫電話の内容 | トップページ | スポーツマスコミは絶対に書けない、アスレチックス入りした松井秀喜夫婦のいま »