« 特許庁コンピュータ疑惑関連企業から献金を受けていた仙谷由人官房長官 | トップページ | 本紙指摘通り、倒産したシルバー精工ーー引き金の手形を支払いに回した人物の正体と狙い »

2010.12.29

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第124回 海老蔵事件、示談成立と、それでも伊藤リオン起訴の真相」

 12月28日午後5時からの海老蔵と深澤直之弁護士の会見で、11月25日に起きた麻布での「海老蔵暴行事件」は、示談という形で終止符を打った、と思われたが、検察は海老蔵示談会見に水を刺すように、暴行実行犯の伊藤リオン(27)を起訴。容疑者から被告人にした。検察の判断は、運動で体を鍛えた伊藤は、「海老蔵の顔をげんこつで数回殴った上、頭や顔を平手で数回叩き、腹や腰などを数回蹴る(これで血尿が出た)などの暴行を加え、約2ヶ月間のケガを負わせた。双方の示談が合意したと言えども、犯行動機や態様などを総合的に判断し、海老蔵側から公判を望まないという意向はあるが、単なる酔っ払い同士の喧嘩で済ませることは出来ぬ」ことと、伊藤リオンが逮捕状が出ているのを知っていながら11日間も逃亡し、出頭したときは“携帯電話”も“返り血を浴びた衣類”等の証拠をすべて隠滅していた悪質性に逃亡の可能性あり、と見たのも間違いないだろう。海老蔵側は示談に至った理由を幾つか上げているが、一番は今後への恐怖(お礼参りや金銭のタカリ)だろうと想われる。先ず、市川家の家族と親族と歌舞伎界、妻と妻の家族、親族へ与えた恐怖を拭いたかったと推測できる。
 2010年12月29日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ。.


|

« 特許庁コンピュータ疑惑関連企業から献金を受けていた仙谷由人官房長官 | トップページ | 本紙指摘通り、倒産したシルバー精工ーー引き金の手形を支払いに回した人物の正体と狙い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50433321

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第124回 海老蔵事件、示談成立と、それでも伊藤リオン起訴の真相」:

« 特許庁コンピュータ疑惑関連企業から献金を受けていた仙谷由人官房長官 | トップページ | 本紙指摘通り、倒産したシルバー精工ーー引き金の手形を支払いに回した人物の正体と狙い »