« 証人喚問拒否を名目に--菅・仙谷が目論む「小沢抜き」大連立 | トップページ | 練炭焚いた自家用車内で死亡ーー警察ジャーナリスト・黒木昭雄氏 »

2010.11.02

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(285)東証等が調査開始ーーヘッジファンドがインサイダー情報で空売り?

 東京証券取引所と証券取引等監視委員会は10月29日、今年夏以降の大型の公募増資につき、増資発表前のインサイダー情報に基づいて空売りを、国内外のヘッジファンドが行っている可能性があるとして、その調査を進めていることを明らかにした。最近の空売りといえば、公募増資ではないものの、思い出されるのが米モルガン・スタンレーと、ゴールドマン・サックスの武富士株の空売りだ。武富士は会社更生法を9月28日に申請新生したが、「空売り残高情報報告書」によれば、モルガンは9月21日、武富士の発行済株式の1・56%(公表は24日)、ゴールドマンは9月16日に0・99%(公表は21日)を空売りしたことがわかる。その数日前には米シティグループ証券が武富士株買い推奨のレポートを出していたというから、その分、会社更生法申請後との株価幅は大きくなり、両社が買い戻した際の利幅は大きくなったと思われる。
 2010年11月2日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 証人喚問拒否を名目に--菅・仙谷が目論む「小沢抜き」大連立 | トップページ | 練炭焚いた自家用車内で死亡ーー警察ジャーナリスト・黒木昭雄氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49911391

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(285)東証等が調査開始ーーヘッジファンドがインサイダー情報で空売り?:

» 相場の本質が無料で分かる! [動画セミナー]
投資セミナーに無料で参加! 15万人以上の個人投資家を指導している松下誠の無料ビデオ オンライントレーディング テクニカル動画セミナー。 [続きを読む]

受信: 2010.11.19 15:37

« 証人喚問拒否を名目に--菅・仙谷が目論む「小沢抜き」大連立 | トップページ | 練炭焚いた自家用車内で死亡ーー警察ジャーナリスト・黒木昭雄氏 »