« 「豊洲移転」巡る最終決戦直前に飛び出した、築地「東卸」理事長らの背任疑惑 | トップページ | <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「右翼界交友録」第5回 日本リスク、御巣鷹、よど号、武富士。 »

2010.11.11

小沢「強制起訴」疑惑ーー検察審査会の「ソフト公開」デモは疑問だらけ

 本紙既報通り、11月8日(月)午後2時、最高裁判所担当者が森裕子参議院議員(民主党)の議員会館の部屋を訪ね、検察審査会員を国民から無作為に(つまり公平に)選んでいるとして、その証拠として、くじ引きソフト「検察審査員候補者名簿管理システム」のデモンストレーションを行った。最高裁判所担当者には、このシステムの保守管理担当業者が同行。一方、森議員には有田芳生参議院議員(民主党)ら数名が立ち会ったという。
では、その結果はどうだったのか? 結論を先にいえば、森議員は「ますます疑惑は深まった」といっているようだ。詳細は数日中に森議員のHPで公開されるようだから、それをご覧いただくとして、本紙ではすでに判明している代表的な疑問点をいくつか紹介しておく。まず、このデモには、このソフトを開発した「富士ソフト」の開発担当者ではなく、保守管理業者しか同行しなかった点。森議員らが疑問を持っているのは、本当にこのソフトで恣意的な選出が行われることはないのかという点だ。それなのに、保守業者=このソフトのシステムを完全に把握はしていない者で、そもそもデモをやる上で適任でない。その時点で、すでにデモをやる意味が無くなっているのだ。2つ目は、重大な審査員選びに民間業者が関係していたことが判明したという。各種発送業務や、問い合わせのコールセンターなど、民間企業に代行させているという。「名簿情報が漏れる可能性だけでなく、その情報管理やコールセンターでの対応などを通じて、自分たちの都合のいい候補者に絞っている可能性はないのか?」(関係者)
2010年11月10日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 「豊洲移転」巡る最終決戦直前に飛び出した、築地「東卸」理事長らの背任疑惑 | トップページ | <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「右翼界交友録」第5回 日本リスク、御巣鷹、よど号、武富士。 »

コメント

自衛隊のジェネラル達は自らの社会的地位

が戦前の旧軍と比べて低いと不満を持つ者

が多く「戦争」で解決したいと思っています

沖縄県の宮古、石垣島で地上戦を行いたい

ようだが島嶼部隊の西部方面普通化連隊と

言う特殊部隊を中国軍と戦わせたい考え

島民は避難させず、沖縄戦のように、人間

の盾に利用され挙句にスパイ容疑で処刑され

る運命になる、軍隊とはそう言う物なのだ。

投稿: 山岡ファン | 2010.11.12 11:39

何で、尖閣、沖縄だけ戦争したいの?
なぜ、尖閣諸島、沖縄だけ戦争したい話になるんだ!(怒)

大和人は基本的に昔から家柄、学歴、階級、人種に
うるさい、差別、排他的民族です沖縄人=日本人
では無いと考えている人が多いです。
中国人民解放軍はいっそ本土、九州に上陸すると公表
したら日本人は黙るし中国に対し恐れ怯えると思う。

はっきり言って今の自衛隊、在日米軍では中国軍に
勝て無いです、軍事評論家も良くわかっていて

米軍はイラク、アフガン等弱い相手とだけ戦って
泥沼に陥り今度は最新兵器を持つ中国軍と自衛隊
を戦わせたいのだ!
米軍、自衛隊同盟軍の空母、イージス艦は戦争
緒戦で中国海軍ソブレメンヌイ駆逐艦から発射
されたサンバーン巡航ミサイルの餌食になる。

--------------------------------------------------------------------------------

投稿: 山岡ファン | 2010.11.12 02:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49993521

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢「強制起訴」疑惑ーー検察審査会の「ソフト公開」デモは疑問だらけ:

« 「豊洲移転」巡る最終決戦直前に飛び出した、築地「東卸」理事長らの背任疑惑 | トップページ | <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「右翼界交友録」第5回 日本リスク、御巣鷹、よど号、武富士。 »