« 政治結社から「公開質問状」まで出された、あの「日本漢字能力検定協会」 | トップページ | 「豊洲移転」のための懐柔かーー検証(第2回)実際の不良債権比率は3割弱に過ぎなかった(マル秘資料入手) »

2010.11.21

<新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「往事茫々日記」第6回 「野村秋介自決と日産労働貴族」

また今回も手を抜く。前回に引き続き「コピペ」記事である。他に書いたものの使い回しである。老人のやることは「燃費」がいい。相変わらず抑鬱症状がすぐれない。オリジンや創見など思いつく脳の働きが低迷どころか、ほとんど死んでいる。鬱惚けのままだ。しかし、いくら世間から「ぐれて」ひっそり隠遁しようと石油ストーブは生活に必須なのだ。灯油代からは逃れられない。そんな「小遣い稼ぎ」というインセンティブで贅言を記す。消費者マインドでものをみる読者には不要の長物である。こんな与太は飛ばしていただきたい。「恨みと羨望と嫉妬と後悔にまみれた人生も味わい深いのではないかと思う」ーー中島義道は『不幸論』で書いている。大森荘蔵はいう。「世界は刹那滅的なのである」と。老爺の枯淡は理想である。だが独り身の老人は屈託を抱え韜晦の気分に沈んでいる。貧寒老人の「たずきの道」もまた険しいのだ。最初に先日読んだ内田樹の『武道的思考』から「目から鱗」の“達見”を紹介する。本はもう図書館に返却してしまったのでうろ覚えで少しあやしい。いまや「オジサン思考」のアイコンとなった内田は「日本がこの半世紀で失ったものは“負ける作法”と“たしなみ”ではないか」という。たしかに昔、少年期に「戦争に負けてよかった」という言葉を話す大人は少なくなかった。いま日本は「アメリカの属国という悲しみと恥を国民的に共有している」。そして内田はいうのだ。「日本のけして口にされない“国是”は、またアメリカと戦って“次は勝つこと”である」と。普天間も尖閣も「尊皇攘夷」論で読み解く情理をつくした理路は例によって痛快きわまりない。「ピース缶爆弾真犯人」牧田吉明がらみで「土・日・ピー缶事件」の冤罪被告だった知人から連絡があった。「あの事件は仙谷が実質的弁護団長だった。記憶力といい法理論といい優秀な弁護士だったが、時々酒臭い二日酔いで法廷に立っては検察側の証人をボロクソに罵る。で、裁判官に注意されるとすぐ殊勝に謝る。いまと変わってないな。代議士になった頃までは昔の新左翼の会合にも顔を出しては〈俺は全共闘だ〉って元気がよかった。フロントだったからね。総会屋の小川薫とも親しくて〈お前も総会屋になれ〉なんて冗談を言われたこともある。いまや完全に“赤い小沢”だね」。蛇足ながら、この「警視庁公安の汚点」ともいえる「フレームアップ事件」の被告には公明党代議士の息子などもいたが、A級戦犯である担当の東京地検公安検事はのちの公明党代表である。それは「いかんざき」と大いに嗤っていい。「長枕」になってしまった。霞んだ記憶から「過去」を逍遙していくつかのトピックを記そう。
 2010年11月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 政治結社から「公開質問状」まで出された、あの「日本漢字能力検定協会」 | トップページ | 「豊洲移転」のための懐柔かーー検証(第2回)実際の不良債権比率は3割弱に過ぎなかった(マル秘資料入手) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/50093853

この記事へのトラックバック一覧です: <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「往事茫々日記」第6回 「野村秋介自決と日産労働貴族」:

» 代議士とは [士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役]
◇代議士の由来◇大日本帝国憲法のころ、国会議員には衆議院と貴族院議員がありました。衆議院議員は民選議員といって、国民から選出されるのに対し、貴族院議員は旧公家、旧大名、元官僚、大学教授、あるいは高額納税者から選ばれ、非民選議員と呼ばれました。前者の衆議院議員が国民の代表であることから、衆議院議員を代議士、つまり国民の代表と呼ぶようになったのです。◇国会議員としての地位◇国会議員は国政に当たるために、主権者である国民を代表しているという立場にあります。この職責を負うことで、法律..... [続きを読む]

受信: 2010.11.21 22:34

« 政治結社から「公開質問状」まで出された、あの「日本漢字能力検定協会」 | トップページ | 「豊洲移転」のための懐柔かーー検証(第2回)実際の不良債権比率は3割弱に過ぎなかった(マル秘資料入手) »