« 小沢「強制起訴」で疑惑深まる検察審査会ーーそもそも、検察審査員は無作為に選ばれているのか!? | トップページ | 上場廃止の「TCBホールディングス」に、何があったのか!? »

2010.11.04

<記事紹介>「青山学院内紛! 初等部『校長』がクビ」(『週刊文春』11月11日号)

 本日発売の『週刊文春』が、青山学院の内紛について2頁で取り上げている。本紙は今年8月から9月にかけて前理事長派と半田正夫・現理事長派の内紛を取り上げているが、文春の記事はその続編といってもいい内容。本紙は半田氏が理事長に就き、前理事長が敗れて学園を去ったところまで報じたが、そうなれば、居残っていた前理事長派も追い出しを食らうのが世の常だ。文春の記事は、前理事長「独裁体制の“象徴”」だった、まさにその初等部部長(一般の小学校校長に当たる)が、11月1日付で実質クビになった件を取り上げている。もっとも、本紙がこの記事をわざわざ取り上げたのは単に続編だからではない。この内紛の核心部分を、オブラードに包みながらも文春記事は取り上げているからだ。その核心部分とは……。
2010年11月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 小沢「強制起訴」で疑惑深まる検察審査会ーーそもそも、検察審査員は無作為に選ばれているのか!? | トップページ | 上場廃止の「TCBホールディングス」に、何があったのか!? »

コメント

フレディマック&ファニーメイ共和党は廃止の方針!

●副島隆彦が農林中金と三菱UFJの倒産は免れ得ない
と二年前に予告しても、まだ生き残っている唯一の理
由は、アメリカ政府の機関債券保障であって、これま
で税金投入と機関債によって金利を支払う約束の形で
、見せかけの延命を繰り返してきた。しかし、ガイト
ナーが「もうオシマイ」と宣言したのだ。ちなみに、
ファニー&フレディ債券(サブプライム証券)の残高
は  農林中金 5兆5千億円 三菱UFJFG 3兆3
千億円 日本生命 2兆6千億円 みずほFG 1兆2
千億円ローン第一生命 9000億円(FG=ファイナンシ
ャル・グループ。)アメリカ政府がファニー&フレディ
を倒産させることで、これらの金融機関の命運も尽きる
ことになる。

投稿: 山岡ファン | 2010.11.05 14:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49937037

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「青山学院内紛! 初等部『校長』がクビ」(『週刊文春』11月11日号):

« 小沢「強制起訴」で疑惑深まる検察審査会ーーそもそも、検察審査員は無作為に選ばれているのか!? | トップページ | 上場廃止の「TCBホールディングス」に、何があったのか!? »