« 東京地検特捜部が狙う特許庁汚職で「二階」を結ぶ政界フィクサー | トップページ | 『週刊新潮』を提訴した仙谷由人官房長官の「偽造文書」への関与度 »

2010.10.26

訴状受け取りを引き延ばす!? 疑惑のタイ投資ファンド「APF」の末期症状

 本紙は以前から、あの400M障害メダリスト・為末大選手が広告塔を務める、タイ投資ファンド「アジア・パートナーシップ・ファンド(APF)」(本社=タイ・バンコク。此下益司会長)の疑惑を追及、そして最近は証券取引等監視委員会に強制調査に入られ、また運用実績が相当悪化していると見られると報じているが、悪化どころか、今年に入って配当も償還も行われていないとの有力情報が入って来た。このAPFのグループ企業の社債を購入した投資家もこう証言する。「会社に訴状を送っても受け取り拒否で戻って来ました。それで、代表を務める此下氏の大阪府豊中市の自宅に送り直したんです」。ところが、すでにここにも住んでいないのか……。
 2010年10月26日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ.

|

« 東京地検特捜部が狙う特許庁汚職で「二階」を結ぶ政界フィクサー | トップページ | 『週刊新潮』を提訴した仙谷由人官房長官の「偽造文書」への関与度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49848109

この記事へのトラックバック一覧です: 訴状受け取りを引き延ばす!? 疑惑のタイ投資ファンド「APF」の末期症状:

« 東京地検特捜部が狙う特許庁汚職で「二階」を結ぶ政界フィクサー | トップページ | 『週刊新潮』を提訴した仙谷由人官房長官の「偽造文書」への関与度 »