« <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「右翼界交友録」第3回 野村秋介さんとの思い出 | トップページ | 「三菱自動車」工場で労災隠し発覚ーーでも、三菱自動車が責任を問われないカラクリ »

2010.10.19

「SANKYO」が明らかにしない、パチンコ台「フィーバーX JAPAN」巡るトラブル

 東証1部のパチンコ機製造大手「SANKYO」(東京都渋谷区)は人気ロックバンド「X JAPAN」に肖った初のパチンコ台「フィーバーX JAPAN」を開発。この9月から全国のパーラーに導入されている。メンバーの一人、故・HEDE氏の肖像権を巡ってトラブルになり、パチンコ台の発売差止等仮処分申立をされたものの、SANKYOの9月3日のHPを見ると、申立は取り下げられたとのこと。同社の開示する情報だけを見る限り、問題は無くなったように思える。だが、真相は異なる。この仮処分申立にしても、HPではその理由がまったく述べられていないが、決して原告は納得したり、勝ち目がないということで取り下げたわけではないようなのだ。
 2010年10月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「右翼界交友録」第3回 野村秋介さんとの思い出 | トップページ | 「三菱自動車」工場で労災隠し発覚ーーでも、三菱自動車が責任を問われないカラクリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49783453

この記事へのトラックバック一覧です: 「SANKYO」が明らかにしない、パチンコ台「フィーバーX JAPAN」巡るトラブル:

« <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「右翼界交友録」第3回 野村秋介さんとの思い出 | トップページ | 「三菱自動車」工場で労災隠し発覚ーーでも、三菱自動車が責任を問われないカラクリ »