« 小沢一郎「強制起訴」決議、本当に検察官意見聴取は議決前にされたのか!? | トップページ | <書籍紹介>「現代日本を読み解く200冊」(佐高信。金曜日) »

2010.10.27

詐欺容疑関連で、自宅を強制捜索された相沢英之元経済企画庁長官の哀れな末路

 大手マスコミ既報(本日全国紙夕刊など)のように、不動産会社「岡田興産」(東京都千代田区)の土地売却話を巡る詐欺事件で、警視庁は10月26日、岡田興産の森本安俊会長の自宅などと共に、元経済企画庁長官の相沢英之元衆議院議員(91)の都内の自宅や事務所も強制捜索(ガサ入れ)したという。相沢氏は旧大蔵相キャリア。多選、高齢批判で、元秘書(川上義博参議院議員)が対抗馬で立って破れる03年11月の選挙まで9回当選、金融担当大臣も務める自民党の幹部だった。落選後、弁護士登録。今回の件に先立ち、別件の詐欺容疑で昨年7月、警視庁組対3課は森本会長らを逮捕(すでに執行猶予付き有罪判決が出ている)しているが、その際、すでに相沢氏との関係が指摘され本紙は報じている。
 2010年10月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ.

|

« 小沢一郎「強制起訴」決議、本当に検察官意見聴取は議決前にされたのか!? | トップページ | <書籍紹介>「現代日本を読み解く200冊」(佐高信。金曜日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49864208

この記事へのトラックバック一覧です: 詐欺容疑関連で、自宅を強制捜索された相沢英之元経済企画庁長官の哀れな末路:

« 小沢一郎「強制起訴」決議、本当に検察官意見聴取は議決前にされたのか!? | トップページ | <書籍紹介>「現代日本を読み解く200冊」(佐高信。金曜日) »