« 元高検部長の三井環氏が前検事総長ら6名を追加告発ーー最高検、検事正ら10名はすでに受理 | トップページ | <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「右翼界交友録」第3回 野村秋介さんとの思い出 »

2010.10.18

<書籍紹介>「『権力』に操られる検察」(三井環。双葉新書)

 元高検部長の三井環氏が、近年、地検特捜部が手掛けた5つの事件を取り上げ、解説している。鈴木宗男事件、日歯連事件、朝鮮総連ビル詐欺事件、小沢一郎事件、郵便不正事件。自身、元検事、それも検察の裏金作りを暴露しようとして逮捕された御仁だけに、この5つの事件をどう見ているのか、それも興味深いが、もっと興味深かったのは、なぜ、この5つを事件として手掛けたのか、その理由を述べている部分だ。自身、本書でも認めているように、そもそも三井氏が裏金作りを告発しようとしたのは「私憤」からのことだった。大阪地検に在籍当時、上司だった加納駿亮検事正(当時)に人事面で冷遇されたからだという。そこで三井氏は加納氏を追い落とすため裏金作りを匿名で告発したという。それは「嫌疑なし」で片付けられたが、しかし、裏金作りは実際はあったことから(加納氏個人だけではなく、組織的に歴代行われているとされる)、加納氏の検事長昇進の道はいったんストップになったという。ところが、当時の検察首脳は、後藤田正晴元法相に頼み込み、加納氏の検事長昇進を当時の小泉内閣へ働きかけてもらうと同時に、三井氏の逮捕=裏金作り阻止に動いた。この結果、検察は自民党に巨大な借りを作り、以降、「けもの道」に入ってしまったという。
 2010年10月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 元高検部長の三井環氏が前検事総長ら6名を追加告発ーー最高検、検事正ら10名はすでに受理 | トップページ | <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「右翼界交友録」第3回 野村秋介さんとの思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49773615

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>「『権力』に操られる検察」(三井環。双葉新書):

« 元高検部長の三井環氏が前検事総長ら6名を追加告発ーー最高検、検事正ら10名はすでに受理 | トップページ | <新連載>元「フライデー」名物記者・新藤厚の「右翼界交友録」第3回 野村秋介さんとの思い出 »