« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第115回 押尾学保釈の裏事情」 | トップページ | 小沢一郎が検察審査会を「ブラックボックス」という理由 »

2010.10.09

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(283)振興銀関連第1号「ラ・パルレ」倒産で、囁かれる次なる銘柄は?

 周知のように、10月5日、ヘラクレス上場のエステ会社「ラ・パルレ」(東京都新宿区)が民事再生法の適用を申請した。負債総額は約27億円。大証は同日、上場廃止を決定。整理銘柄の期間は10月5日から11月5日までで、11月6日に上場廃止になる。ラ・パルレはエステ業界唯一の上場企業で、ピーク時の07年3月期(連結)には売上高約171億円、純益約11億円。高野(たかの)友梨氏が筆頭株主だったこともあった。しかし、法改正に伴う主力のクレジット販売の与信厳格化、それにクレジット契約に問題があったとして東京都から都内全店舗の3カ月間の業務停止などがあり一挙に業績悪化。09年3月期には売上高はピーク時の6分の1近くまで落ち込み、大幅赤字の転落。そのため、立て続けに第3者割当増資を行う一方、日本振興銀行が主催する中小企業振興ネットワークに参加していた。ところが、その日本振興銀行が今年9月10日に民再申請。結果、持たされていた振興株券は紙屑になり、ラ・パルレは3億3500万円の特損により債務超過かといわれていた。
2010年10月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第115回 押尾学保釈の裏事情」 | トップページ | 小沢一郎が検察審査会を「ブラックボックス」という理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49687803

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(283)振興銀関連第1号「ラ・パルレ」倒産で、囁かれる次なる銘柄は?:

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第115回 押尾学保釈の裏事情」 | トップページ | 小沢一郎が検察審査会を「ブラックボックス」という理由 »