« 怪文書指摘通り、周辺の土地を買った「専修大学」 | トップページ | 東京地検特捜部が狙う特許庁汚職で「二階」を結ぶ政界フィクサー »

2010.10.23

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(284)マザーズ上場「TCBホールディングス」破産に関する怪情報

 10月20日、マザーズ上場のIT系企業「TCBホールディングス」(東京都渋谷区。大嶽貞夫社長)は自己破産を申請し、同日、開始決定を受けた。これにより同社は11月5日を持って上場廃止となる。TCBは昨年8月、情報提供サービスと人材コンサルの2社を買収。同年9月、従来のTCBがやっていた業務を会社分割によりTCBテクノロジーズに移管し、継承会社のTCBを持ち株会社にしていた。この2社の買収などにより連結売上高は20億円を超えたが、その買収資金の負担などから資金繰りを悪化させ、破産を余儀なくされたという。とはいえ、今回の負債額は2億6000万円弱に過ぎないし、傘下の主要3社は破産対象になっておらず、これまで通り営業を続けている。こうしたなか……。
 2010年10月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 怪文書指摘通り、周辺の土地を買った「専修大学」 | トップページ | 東京地検特捜部が狙う特許庁汚職で「二階」を結ぶ政界フィクサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49826708

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(284)マザーズ上場「TCBホールディングス」破産に関する怪情報:

« 怪文書指摘通り、周辺の土地を買った「専修大学」 | トップページ | 東京地検特捜部が狙う特許庁汚職で「二階」を結ぶ政界フィクサー »