« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(284)マザーズ上場「TCBホールディングス」破産に関する怪情報 | トップページ | 訴状受け取りを引き延ばす!? 疑惑のタイ投資ファンド「APF」の末期症状 »

2010.10.25

東京地検特捜部が狙う特許庁汚職で「二階」を結ぶ政界フィクサー

 本紙でも既報のように、いま、東京地検特捜部が捜査を行っている特許庁汚職の先には、自民党の大物代議士・二階俊博氏が控えていると見られる。このところ、小沢一郎氏を始め民主党国会議員ばかり狙い、挙げ句、頓挫どころか、証拠の捏造まで発覚し、検察の威信は地に落ちているが、ここで対立する自民党の大物・二階氏を万一お縄にすれば、その威信は一挙に回復するだろう。もっとも、二階氏とてバカではないから、今回の東芝(ソリューション)が深く関わる特許庁コンピュータ受注周辺に登場するのは二階氏の公設秘書(当時)で、当人ではない。ところが、10月20日発売の会員制情報誌『FACTA』が興味深い事実を指摘している。特捜部はこの9月17日、東芝ソリューションの孫請けに入った会社など複数の関係先を強制捜索したが、そのなかの自宅に入った人物の父親は、二階氏の地元である和歌山県でも「政商」として知られる人物で、実際、二階氏を支援していたとスッパ抜いている。もっとも、これら強制捜索を受けた会社と関わる「政商」はこの人物だけではない。もっと大物の「政商」が関わっていたのだ。
 2010年10月25日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ.

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(284)マザーズ上場「TCBホールディングス」破産に関する怪情報 | トップページ | 訴状受け取りを引き延ばす!? 疑惑のタイ投資ファンド「APF」の末期症状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49838307

この記事へのトラックバック一覧です: 東京地検特捜部が狙う特許庁汚職で「二階」を結ぶ政界フィクサー:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(284)マザーズ上場「TCBホールディングス」破産に関する怪情報 | トップページ | 訴状受け取りを引き延ばす!? 疑惑のタイ投資ファンド「APF」の末期症状 »