« 「リプトン」日本関連会社一族の遺産相続騒動ーー原告側、“偽造文書”疑惑浮上 | トップページ | <書籍紹介>「『権力』に操られる検察」(三井環。双葉新書) »

2010.10.17

元高検部長の三井環氏が前検事総長ら6名を追加告発ーー最高検、検事正ら10名はすでに受理

 元高検部長の三井環氏(66)が、総計10名の検事につき、罷免を求めて検察官適格審査会に申し立てを行ったことは本紙でも既報の通りだが、三井氏は併せて、告発もしていた。いうまでもなく、無罪が確定した村木厚子元厚労省局長の取り調べに関する件だ。三井氏はまず9月22日、「取り調べメモ」を破棄した大阪地検特捜部の担当検事と副検事計6名を証拠隠滅容疑で告発。さらに9月27日、この6名の上司である小林敬大阪地検検事正、玉井英章次席検事、それにすでに逮捕されている大坪弘道特捜部長、佐賀元明副部長(肩書きは容疑犯行時。以下、同)両名の計4名を犯人隠避容疑で告発していた。そして、この総計10名の告発に関しては、なぜか全国紙は報じていない(通信社は報じている)が、最高検はすでに10月6日、受理したことを明らかにしている。加えて三井氏は10月12日、同じく犯人隠避、それに公用文書等毀棄容疑で、新たに検事総長ら上級庁幹部6名を、大林宏検事総長宛に告発していた(以下に6名の実名列記)。
 2010年10月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「リプトン」日本関連会社一族の遺産相続騒動ーー原告側、“偽造文書”疑惑浮上 | トップページ | <書籍紹介>「『権力』に操られる検察」(三井環。双葉新書) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49770989

この記事へのトラックバック一覧です: 元高検部長の三井環氏が前検事総長ら6名を追加告発ーー最高検、検事正ら10名はすでに受理:

« 「リプトン」日本関連会社一族の遺産相続騒動ーー原告側、“偽造文書”疑惑浮上 | トップページ | <書籍紹介>「『権力』に操られる検察」(三井環。双葉新書) »