« 柴野多伊三元代議士の架空増資事件ーー本紙に「日本中油」=中国企業日本法人は真実との“証拠資料”届く | トップページ | <短期集中連載>押尾被告の裁判員裁判に向け、被害者婚約者が激白(1) »

2010.09.02

「テークスグループ」が「反社」と業務提携!?

「テークスグループ」(神奈川県相模原市)といえば、材料試験機、動力試験機の専門メーカーで東証2部上場。しかし、業績は低迷し、本紙指摘通り、一昨年には大物仕手筋、ワシントングループの河野博晶被告(67)に株価操縦をやられた。河野被告はその後、まず「ユニオンホールディングス」(上場廃止に)の同容疑(金融商品取引法違反)でやられ、今年3月、テークスグループに関しても同容疑で逮捕・起訴されている。こうしたなか、再建中ながら、しかし未だワシントングループにある程度の株を握られ、メンバーが役員に就いているからでもないとは思うのだが、今度は「反社」と業務提携しているとの情報が飛び込んで来た。もっとも、業務提携したのは近々の話ではない。本紙はこの業務提携先が反社であることは、以前、別の上場企業絡みで報じていた。ただし、否、だからこそ他の上場企業がそんな相手と業務提携するとは思わず、チェック・ミスしていた。そして昨日、情報提供があり、その事実にいまさらながら気づいた次第だ。
2010年9月2日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 柴野多伊三元代議士の架空増資事件ーー本紙に「日本中油」=中国企業日本法人は真実との“証拠資料”届く | トップページ | <短期集中連載>押尾被告の裁判員裁判に向け、被害者婚約者が激白(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49320368

この記事へのトラックバック一覧です: 「テークスグループ」が「反社」と業務提携!?:

« 柴野多伊三元代議士の架空増資事件ーー本紙に「日本中油」=中国企業日本法人は真実との“証拠資料”届く | トップページ | <短期集中連載>押尾被告の裁判員裁判に向け、被害者婚約者が激白(1) »