« <ミニ情報>APFに対する強制調査のその後 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第105回  押尾事件第2回公判 証人喚問で押尾の身勝手と、薬常習性が浮かび上がる」 »

2010.09.09

<新連載>「田沢竜次の昭和カルチャー甦り」(第2回)

 前回の「ゲゲゲの女房」でもう一つ、胸に迫る展開が、月刊『ガロ』(劇中では『月刊ゼタ』になっている)がからむところだ。マニアックなマンガ・劇画ファンにはおなじみの月刊『ガロ』は、60年代半ばから70年代初めにかけてが全盛時代だった。メインは白土三平の「カムイ伝」で、あとは、聞いたことのないマンガ家が独特なスタイルで売れセン二の次で描きたいマンガを発表していた。のちに、60年代後半の学生運動経験者やその周辺にいた、いわゆる全共闘世代の人たちと話すと、大抵『ガロ』を読んでいたという。よく「片手に少年マガジン、片手に朝日ジャーナル」といわれるが、ここに『ガロ』も加えるべきだろう。一方、『ガロ』のライバル誌といわれたのが虫プロが出した『COM(コム)』で、こちらは手塚治虫が、未完の大長編「火の鳥」を連載していた。小生が、本屋でたまたま『ガロ』を立ち読みしたのが中学2年のとき(1967年)、少年マンガ誌にはない異様な面白さとシュールな大人の世界にはまってしまい、以降は毎月欠かさず72年頃までは買い続ける。古本屋に行くと、67年以前のものが格安で売っていたのでちまちまと買いそろえていった。テレビでは、村上弘明扮する『ゼタ』の編集長(モデルは『ガロ』編集長の長井勝一)が、売れない雑誌であっても志を貫くさまと売れっ子になった水木も、原稿料なしでこの雑誌に描き続けるエピソードが感動を呼ぶのだが、当時『ガロ』で読んだ、数々の水木マンガは忘れられない。さてそのなかで、『ゼタ』を大手出版社から編集長職はそのままで合併しないかとの誘いの話が来る。しかし実際は、白土や水木らの人気作家だけ欲しいというせこい思惑が明らかになり、村上扮する編集長はこの甘い話を断るのだが、実際、当時の小学館(1968年頃)が合併話を進めてしたらしい。
 2010年9月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <ミニ情報>APFに対する強制調査のその後 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第105回  押尾事件第2回公判 証人喚問で押尾の身勝手と、薬常習性が浮かび上がる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49397352

この記事へのトラックバック一覧です: <新連載>「田沢竜次の昭和カルチャー甦り」(第2回):

« <ミニ情報>APFに対する強制調査のその後 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第105回  押尾事件第2回公判 証人喚問で押尾の身勝手と、薬常習性が浮かび上がる」 »