« これが注目の通称「山口組会館」葬祭場 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第3回)「映画『キャタピラー』と漫画『光る風』」 »

2010.09.19

脱税請負疑惑グループを追う――「第1回 パチンコ企業が集中する、東京都・麹町の奇っ怪ビル」

 本紙がこの取材を始めたのは、ある告発メールが契機だった。国税関係者を名乗るその匿名メールは、「ひじょうにグレーな税理士グループが存在する。その世話になっているパチンコ企業は数多い。だが、様々な事情からいまも国税は手を付けられないままでいる」と無念さを匂わせ、告発するというものだった。“脱税請負人”は近年も複数摘発されているが、それは経営コンサルタントを名乗った者が主な対象。プロの税理士であるにも拘わらず、本当に脱税指南をし、その見返りに巨額報酬を得ているのであればその悪質さは際立つ。国税も舐められたものだ。しかも指南している先が、脱税の最大の温床になっているともいわれるパチンコ企業となれば尚更だし、その額もかなりになると推測され、なおさら興味が湧くというものだ。さらに本紙が興味を抱いたのは、彼らいうところのその独自の“節税システム”がスンナリ通るために、その指南を受けているパチンコ企業の本店(=営業しているパチンコ店の場所)は全国に散らばっているにも拘わらず、登記上の住所は皆、東京都千代田区麹町のとあるビルに異動、集中しているという内容だった。そこで調べて見ると、確かにその通りだったのだ。
 2010年9月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« これが注目の通称「山口組会館」葬祭場 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第3回)「映画『キャタピラー』と漫画『光る風』」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49499146

この記事へのトラックバック一覧です: 脱税請負疑惑グループを追う――「第1回 パチンコ企業が集中する、東京都・麹町の奇っ怪ビル」:

« これが注目の通称「山口組会館」葬祭場 | トップページ | <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第3回)「映画『キャタピラー』と漫画『光る風』」 »