« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第103回 押尾事件初公判詳報(追加分)」 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第104回  押尾事件公判で、銀座クラブママが被害者の暴力団交友暴露の驚愕理由」 »

2010.09.07

「リプトン」日本関連会社一族、遺産相続騒動のその後

 本紙では今年4月、その第一報を出している。世界的な紅茶ブランドとして知られる「リプトン」。そのブランド名を戴く喫茶店「リプトン紅茶」が創業され、第一号店が京都でオープンしたのは戦前の1930年のことだという。そして業績拡大に伴い、株式会社「リプトン」が設立されたのが1949年。今年で80周年を迎えるが、その創業者が他界したのが2005年のこと。その遺産は約25億円ともいわれる。ほどなく創業者一族と、創業者が胎児認知した唯一の元愛人側と、骨肉の争いが起きる。前回記事では、一審判決が近く出ると報じたが、いまも訴訟は続いている。それも、まず創業家一族側が提訴した「債務不存在確認」と、これに対し元愛人側が逆に支払いを求めて提訴した民事訴訟の2件。そしてこの7月には、週刊誌での報道も飛び出していた。
 2010年9月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第103回 押尾事件初公判詳報(追加分)」 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第104回  押尾事件公判で、銀座クラブママが被害者の暴力団交友暴露の驚愕理由」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49381770

この記事へのトラックバック一覧です: 「リプトン」日本関連会社一族、遺産相続騒動のその後:

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第103回 押尾事件初公判詳報(追加分)」 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第104回  押尾事件公判で、銀座クラブママが被害者の暴力団交友暴露の驚愕理由」 »