« <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第3回)「映画『キャタピラー』と漫画『光る風』」 | トップページ | <主張>「村木厚子元厚労局長の無罪判決が問いかけるもの」 »

2010.09.20

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第113回 押尾学へのテロル情報」

  9月17日の判決(懲役2年6カ月)に対し、押尾学(32)は即日控訴し、押尾の強い希望で今週早々に保釈申請すると弁護士は会見で公表した。が、その直後から、「押尾を取り巻く周辺から不穏な動きがある」と裏社会関係者から筆者に電話があった。それは押尾や、押尾関係者に対し、テロを行う動きがあるとの情報だった。まさか押尾の保釈が認められるわけはないと筆者は思っていたが、しかし、亡くなった田中香織さんに対する“遺棄罪”まで認められた判決が下りた以上、保釈されてもまったくおかしくないとの専門家の意見もあるくらいで、そうなると……。匿名(筆者は面識あり、いい加減なことをいう男ではない)なのはご容赦いただくとして、その内容とはーー。
2010年9月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第3回)「映画『キャタピラー』と漫画『光る風』」 | トップページ | <主張>「村木厚子元厚労局長の無罪判決が問いかけるもの」 »

コメント

あのー、素人の素朴な疑問。相手の女性は薬物を摂取しているわけですよね。無理矢理ってこともないでしょう。おつきあいをしていたわけだから。いやいやであっても、自分にも責任があるわけですよね。この場合保護責任が課せられるというのがわからない。

投稿: るる | 2010.09.21 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49504977

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第113回 押尾学へのテロル情報」:

« <新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第3回)「映画『キャタピラー』と漫画『光る風』」 | トップページ | <主張>「村木厚子元厚労局長の無罪判決が問いかけるもの」 »