« <訃報>誰にも愛された人柄と芸能記者魂ーー梨元勝氏 | トップページ | <新連載>「田沢竜次の昭和カルチャー甦り」(第1回) »

2010.08.25

監査法人が、「日本振興銀行」と鮎川純太氏の関係にレッドカード

 「日本振興銀行」といえば、いうまでもなく、木村剛元会長が逮捕・起訴され事件渦中の銀行。一方、鮎川純太氏といえば、女優・杉田かおると結婚(その後、離婚)で話題を撒いたこともあるが、それは鮎川氏が戦前、わが国を支配した財閥の1つ「日産コンツェルン」の御曹司だったからだ。もっとも、現在残っているのはその“名声”のみ。それどころか、ここに来て、日本振興銀行と鮎川氏の異常な関係が明らかになっていた。昨年7月以降、鮎川氏は系列会社の「中小企業共済」(東京都港区)と「中小企業助成会」(同)を通じ、約4億円を投じ、アンビシャス上場の「日本産業ホールディングス」(前社名はアルファ・トレンド・ホールディングス。本社・札幌市)の経営権を握った。当初、疑義注記の付いた、こんな“危ない上場企業”になぜ触手を伸ばしたのか不明だったが、ほどなく判明する。「大量保有報告書」によれば、現在、鮎川氏が代表を務める「日産アセット」(東京都港区)はジャスダック上場「佐藤食品工業」の大株主(約27%)。さらに前出・中小企業共済がヘラクレス上場「マルマン」(約14%)の大株主にも。どちらも日本振興銀行が「SFCG」から担保権を行使して取り上げ、大株主になったところ。だが、銀行が上場企業の株式を5%以上取得した場合、1年以内に処分しなければならず、鮎川氏はその受け皿になっていたわけだ。日本産業ホールディングス自体、木村被告主導で築いたとされる日本振興銀行を核とする「中小企業振興ネットワーク」に参加している16上場企業の1社。それだけなく、日本産業は鮎川氏が経営権を握った後の昨年12月29日、日本振興銀行の第3割割当を約10億円も引き受けていたのだ(約1・67%)。
 2010年8月25日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <訃報>誰にも愛された人柄と芸能記者魂ーー梨元勝氏 | トップページ | <新連載>「田沢竜次の昭和カルチャー甦り」(第1回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49244011

この記事へのトラックバック一覧です: 監査法人が、「日本振興銀行」と鮎川純太氏の関係にレッドカード:

» 梨元勝 野村 [日本で流行っているニュースとは?]
梨元勝さんが肺がんで亡くなったというのは本当ですか? 芸能リポーターで有名な梨... 梨元勝さんが肺がんで亡くなったというのは本当ですか? 芸能リポーターで有名な梨元さんがなくなったと見たのですが本当ですか? どこのニュースを見てもまだありません。(続きを読む) 梨元勝を恨んでいそうな芸能人って誰だと思いますか? 亡くなられた事はお気の毒で... 梨元勝を恨んでいそうな芸能人って誰だと思いますか? 亡くなられた事はお気の毒ですが、 彼のレポートによって、 芸能界から消えた人や苦労した人は多そうですよ... [続きを読む]

受信: 2010.08.25 05:23

« <訃報>誰にも愛された人柄と芸能記者魂ーー梨元勝氏 | トップページ | <新連載>「田沢竜次の昭和カルチャー甦り」(第1回) »