« <主張>小沢一郎が首相になれば、強制起訴されることはない(上) | トップページ | 「東理」元社長・福村康廣被告の公判はようやくこの9月から開始の見込み »

2010.08.22

特許庁汚職ーー外部調査委員会報告も、「NTTデータ」より「東芝」が深刻

 8月20日、経済産業省が設置した外部有識者で作る調査委員会(委員長・五木田彬弁護士)は、直嶋正行経産相に調査結果を報告した。外局である特許庁で今年3月、同庁発注のコンピュータシステム設計開発事業(「東芝ソリューション」が2006年に99億2500万円で落札)を巡る入札に関する情報が東芝ソリューションに漏洩していたことをTBSが報道、さらに6月にはライバルの「NTTデータ」に漏洩させていたとして贈収賄容疑で特許庁技官、NTTデータ部長が逮捕されるに及び、調査委員会はこの間、調査を行って来ていた。本紙はこの疑惑、事ははるかに重大と見て、第一報を3年近く前に報じている。もっと大きな贈収賄事件の可能性があるというもので、その時から一貫して、有力政治家まで巻き込んだ東芝ソリューションとの疑惑の可能性について報じている。ところで、今回の報告だが、大手マスコミはごく小さい扱い、それも漏洩させた相手企業名を報じないところもあった。強制捜査の権限は持っていないので、調査にはひじょうに限界があるものの、しかし新たに見つかった漏洩者は3名おり、その全員が東芝ソリューションに漏洩させていたという内容だったのだ。
2010年8月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <主張>小沢一郎が首相になれば、強制起訴されることはない(上) | トップページ | 「東理」元社長・福村康廣被告の公判はようやくこの9月から開始の見込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49214853

この記事へのトラックバック一覧です: 特許庁汚職ーー外部調査委員会報告も、「NTTデータ」より「東芝」が深刻:

« <主張>小沢一郎が首相になれば、強制起訴されることはない(上) | トップページ | 「東理」元社長・福村康廣被告の公判はようやくこの9月から開始の見込み »