« 特許庁汚職ーー外部調査委員会報告も、「NTTデータ」より「東芝」が深刻 | トップページ | 「NTT東日本」がひた隠す、某販売代理店の顧客情報(追加情報) »

2010.08.22

「東理」元社長・福村康廣被告の公判はようやくこの9月から開始の見込み

 東証2部上場「東理ホールディングス」の特別背任事件で、元会長の福村康廣被告が逮捕されたのは昨年11月。だが、福村被告は未だに容疑を否認しているため(したがって、未だ保釈にもなっていない)、公判前整理手続は思うように進まず、当初、今年3月には終えるつもりが5月に延び、さらに7月に延び、ようやくこの8月に終え、9月からようやく公判が始まる見込みだという。もっとも、福村被告がいくら容疑を否認しようが、すでに今年2月に報告された「第3者委員会の中間報告」において、特別背任容疑に問われた、東理の第3者割当増資実施にあたって実質、自分の会社で多額のコンサルフィーを受け取っていたことは少なくとも「注記を要するもの」だったと認定されている。
2010年8月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 特許庁汚職ーー外部調査委員会報告も、「NTTデータ」より「東芝」が深刻 | トップページ | 「NTT東日本」がひた隠す、某販売代理店の顧客情報(追加情報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49221986

この記事へのトラックバック一覧です: 「東理」元社長・福村康廣被告の公判はようやくこの9月から開始の見込み:

« 特許庁汚職ーー外部調査委員会報告も、「NTTデータ」より「東芝」が深刻 | トップページ | 「NTT東日本」がひた隠す、某販売代理店の顧客情報(追加情報) »