« <記事紹介>「山口もえの夫が絡む横領事件の先の沖縄セミナーとは?」(「現代産業情報」8月15日号) | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第101回 当局も注目。アイドル歌手が “援助交際詐欺“を働く時代」 »

2010.08.14

山口組6代目私邸予定地巡りーー『フライデー』提訴相手の正体

 本紙は7月31日、写真週刊誌『フライデー』の司忍・山口組6代目の私邸予定地との報道に対し、その土地の所有者が、まったく無関係として、提訴した件を報じている。その後、『週刊実話』(8月12日号)にこの土地所有者S氏(匿名)が登場。愛知県警組対課のK警部が、S氏が以前、名古屋で風俗グループを持っていたことがあり、よく思っていなかったことから、デマを触れ回っているという。S氏はこの土地に自宅を建設予定だったが、工事は中止となったため、工事請負契約(工事代金19億7400万円。内、6億円を支払い済)を結んでいた東証1部上場の建設会社「イチケン」(東京都台東区)も提訴。K警部に対しても法的処置を準備中だという。同記事によれば、イチケンの工事中止の裏では、K警部がイチケン役員を呼び出し、「工事を請け負ったらイチケンも反社とみなす」などと恫喝したという。これだけ見れば、フライデー記事は誤報であり、実話記事タイトル通り、S氏はとんだ『とばっちり』だし、県警のやり方は大問題と思ってしまう。
しかし、本当にそうなのか!? というのは、愛知県警作成の「弘道会壊滅戦略」という内部資料(以下に一部転載)にこのS氏の率いる風俗店グループは載っており(黄色マーカー部分)、K警部個人ではなく、県警が少なくともS氏を弘道会のフロント見ているのは間違いないと思われる。
2010年8月14日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <記事紹介>「山口もえの夫が絡む横領事件の先の沖縄セミナーとは?」(「現代産業情報」8月15日号) | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第101回 当局も注目。アイドル歌手が “援助交際詐欺“を働く時代」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49145276

この記事へのトラックバック一覧です: 山口組6代目私邸予定地巡りーー『フライデー』提訴相手の正体:

« <記事紹介>「山口もえの夫が絡む横領事件の先の沖縄セミナーとは?」(「現代産業情報」8月15日号) | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第101回 当局も注目。アイドル歌手が “援助交際詐欺“を働く時代」 »