« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(273)「NTT東日本」がひた隠す、某販売代理店の顧客情報漏洩 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(274)訴訟提起されていた「インボイス」 »

2010.08.04

<書籍紹介>『「普天間」交渉秘録』(守屋武昌。新潮社)

 汚職事件で上告中の守屋武昌元防衛事務次官が、主に沖縄・普天間基地移設の協議を主導した2002年から退任する07年までの間の経緯を、自らの日記を元に回想している。
読後感を一言で言えば、この間の辺野古を中心とする移設先の“迷走”は、一般の沖縄県民の思いとは何ら関係なく、沖縄の一部利権屋と、それに組する中央の政治屋など(外務省も)が、自分たちの利権のためにゴネて来た結果に過ぎないことをみごとに暴いている。何しろ、防衛省事務方トップで、交渉の裏方の中心だった著者が、実名を挙げ、赤裸々に描いているのだ。その事実は重い。沖縄側でいえば歴代知事や名護市、地元のフィクサー・仲泊弘次氏(国場組も)ら。中央政界では久間章生、山崎拓、中川秀直、小池百合子、額賀福志郎各氏らが登場する。自身の汚職事件にはまったく触れていないが、著者は、こうした利権屋連中に組しなかったからこそパージされたといいたいのだろうし、実際、先の汚職事件がそうしたなかで出て来たのは事実だろう。だが、それ故、“負け犬の遠吠え”に映るのか、本書を大きく紹介している新聞にはまったくお目にかからない。社民党の機関紙『社会新報』(8月4日号)ぐらい。
ある政界関係者が、本書の出版の舞台裏を明かす。 
2010年8月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(273)「NTT東日本」がひた隠す、某販売代理店の顧客情報漏洩 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(274)訴訟提起されていた「インボイス」 »

コメント

格闘訓練中の沖縄出身自衛官死亡
札幌市内の陸上自衛隊駐屯地に所属していた長男が
徒手格闘訓練中に意識を失い死亡したとして、父親
の島袋勉さん(50)=沖縄市高原=が慰謝料の支
払いを求めて、8月上旬に国家賠償請求訴訟を札幌
地裁に起こす事がわかった。

自衛隊は「大会に向けた訓練中に投げられ、頭を打
った」などと説明したが、病院に搬送された陸上自
衛隊1等陸士の島袋英吉さん(20)は顔や上半身
が腫れ、前歯も折れており、医師の診断では数ヵ所
に脳挫傷があったという。
          7月22日 (沖縄タイムス)

投稿: 山岡ファン | 2010.08.04 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/49054568

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『「普天間」交渉秘録』(守屋武昌。新潮社):

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(273)「NTT東日本」がひた隠す、某販売代理店の顧客情報漏洩 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(274)訴訟提起されていた「インボイス」 »