« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(272)新型インフルエンザ特需の「手指消毒剤」の効果に疑問 | トップページ | 売却されていた「武富士」の有名物件 »

2010.07.20

基地局撤去でーー「ソフトバンク」の問題商法、また発覚

 ソフトバンクは今年3月、現在、約6万局ある携帯電話の基地局を今年度中に、再建支援するPHP大手「ウィルコム」の資産を活用することで一挙に倍増させるとしている。わが国で独占販売する「アイフォーン」「アイパッド」のお陰で好業績を維持しているが、これら人気端末は通信量が多い分、通信ネットワークに負荷が掛かり、そもそもソフトバンクの基地局は脆弱なこともあり、なおさら回線が繋がりにくいことになるからだ。何しろ、孫正義社長自身、今年4月の決算発表の席で、「5年後の通信量は現在の約40倍になる」と語っており、なおさら基地局の充実は急務といえる。ところが、群馬県富岡市では、今8月末を持って基地局を撤去するということで、その対応を巡り、既存利用者の間から怒りの声が挙がっている。
 2010年7月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(272)新型インフルエンザ特需の「手指消毒剤」の効果に疑問 | トップページ | 売却されていた「武富士」の有名物件 »

コメント

その「PHP」は、正しくは「PHS」(Personal Handyphone System)ですね。もっとも、初期にはPHPとも呼ばれたようですが。

投稿: 碁盤鮫 | 2010.08.05 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48925561

この記事へのトラックバック一覧です: 基地局撤去でーー「ソフトバンク」の問題商法、また発覚:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(272)新型インフルエンザ特需の「手指消毒剤」の効果に疑問 | トップページ | 売却されていた「武富士」の有名物件 »