« 今度は「昭和大学」理事長兄が、病院利権話で訴えられ“認諾” | トップページ | 池田建設とシノケンも傘下ーー建設業へも進出していた「日本振興銀行」 »

2010.07.26

選挙違反容疑で捜査するも、セーフだった「みんなの党」当選者

 先の参議院選挙で一人勝ちした「みんなの党」だが、7月14日、島根県警は同党から島根選挙区に立候補して落選した桜内朋雄氏(41)の運動員2名を公選法違反容疑(買収)で逮捕している。なお、朋雄氏は衆院議長を務めた故・桜内義雄氏のおい。選挙カーのウグイス嬢2名に計20数万円を渡した容疑。ウグイス嬢に日当を渡すこと=違法ではない。ただし、公選法では選挙期間中に日当を渡せる人数が決まっており、事前に届けなければならない。また、日当の上限も決まっている。今回のケースでは、ウグイス嬢2名に20数万円渡していたが、それが法定額(1日1万5000円以内)を超えていた(届け出ていない期間にも支払われていた)。一方、別の「みんなの党」の候補者も調べられ、セーフだったものの、当選者だったこと、その人脈などから一部で憶測も呼んでいる事実を本紙は掴んでいる。
2010年7月26日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 今度は「昭和大学」理事長兄が、病院利権話で訴えられ“認諾” | トップページ | 池田建設とシノケンも傘下ーー建設業へも進出していた「日本振興銀行」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48977752

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙違反容疑で捜査するも、セーフだった「みんなの党」当選者:

« 今度は「昭和大学」理事長兄が、病院利権話で訴えられ“認諾” | トップページ | 池田建設とシノケンも傘下ーー建設業へも進出していた「日本振興銀行」 »