« 「ローンスター」に続き事件屋が介入の挙げ句ーー「大森記念病院」が実質、廃院に | トップページ | 厚労省「緊急人材育成支援事業」の奨励金詐欺が横行!? »

2010.07.10

<お知らせ>本紙・山岡司会「普天間問題を考える」映像を公開

 本紙既報のように、ジャーナリスト仲間の寺澤有氏と共同で、自前のネットTV番組も始めることとし、その第1弾として7月5日、参議院選挙特集の生放送を行った。その際、ゲストとして土屋彰久氏(政治学者)、畠山理仁氏(フリーランスライター)、さらに沖縄の米軍基地問題も参院選の争点の1つということで、現地ルポを行った三宅勝彦氏(ジャーナリスト)も招いた。そして、この番組の後半30分ほど、この米軍基地問題を論じた(主に三宅氏)。参議院選挙の予想はほどなくほとんど意味をなさなくなるが、一方の米軍基地問題(普天間基地移設問題)はそういうことはない。ということで、オンデマンドに見れるように公開した。興味のある方は、是非ここをクリックしていただきたい
2010年7月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「ローンスター」に続き事件屋が介入の挙げ句ーー「大森記念病院」が実質、廃院に | トップページ | 厚労省「緊急人材育成支援事業」の奨励金詐欺が横行!? »

コメント

宜野湾市長どうなちょる、市職員に何教えてるんや!
【宜野湾】宜野湾市の30代男性職員が2009年6月、生活保護費の過払い金の返還手続きを装って生活保護受給者の男性から約60万円をだまし取っていたことが15日、分かった。市によると、職員は「自分で使い込みました」と認めているという。市分限懲戒審査委員会(委員長・安里猛副市長)の答申を受け、伊波洋一市長が16日に会見を開く。懲戒免職処分になるとみられる。
 市は刑事告訴も検討している。
 職員は当時、ケースワーカーとして福祉保健部に所属していた。市の調べによると、職員は担当していた受給者の男性に年金給付が始まったことを知り、「過払い分は返還しないといけない」と正規の手続きを装った上で、個人的に現金を受け取り、そのまま着服したとされる。
 今年6月になり、市が男性に過払い金の返還を請求したところ、「既に払っている」と返答があったことから発覚した。着服したとされる職員は本年度から別の部署に異動していた。
 男性は、09年に公用車で自損事故を起こした別の男性職員(同年10月に懲戒免職)の替え玉として事故申告し、6カ月の減給処分を受けている。


友人らの国保税を引き下げ  宜野湾市職員、懲戒免職
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1255536772/

投稿: 山岡ファン | 2010.07.16 14:45

下記が神奈川県の敏いとう氏投票結果です。
(参議院選挙)
 ○三浦市
 ○二宮町
 ○中井町
 ○松田町
 ○山北町
 ○開成町
 ○箱根町
 ○清川村
にて得票ゼロになっております。この地域にお住まいの
方で敏いとうさんに投票した方がいらっしゃいましたら
書き込んでください。またこの他にも得票1という
地域が結構ありますので、夫婦で投票した方や御自信と
それ以外の第三者が確実に投票したという
1票獲得地域にお住まいの方の書き込みも
宜しくお願いいたします。

投稿: 山岡ファン | 2010.07.14 15:00

オーマイガー`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
国民新党、敏いとう候補の得票数がおかしい
(敏いとう 熊本県出身)

埼玉県  329票  人口  705万
東京都  985票  人口 1300万 
静岡県 103票 人口379万
熊本県  1932票  人口 184万 
鹿児島県 1827票  人口 170万
沖縄県  1125票  人口 138万

大都市圏の票が改竄されています。
各都道府県別の集計を行えば
どの県で票が改竄されたかが分かりそうです。

投稿: 山岡ファン | 2010.07.14 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48838493

この記事へのトラックバック一覧です: <お知らせ>本紙・山岡司会「普天間問題を考える」映像を公開:

» 投票日まであと2日,土曜の夜はドキュメンタリー [静かなる革命2009]
投票日まであと2日.土曜の夜は気分を変えてドキュメンタリーなどで過ごされてはいかが? 政府は2010年3月12日の閣議で,殺人など最高刑が死刑の罪の時効(25年)を撤廃し,傷害致死罪などその他の人命を奪う罪の時効を原則2倍に延長する刑事訴訟法の改正案を決定した.わたしはこのような「目には目を」的報復主義的考え方をあまり買えない.ある一定の合理的な時間の経過によって「いかなる罪」も免責されるというのは,人類が獲得した集合的叡智のひとつに数えられるのではないかと考えるからだ.(旧約聖書には過失によ... [続きを読む]

受信: 2010.07.10 18:26

« 「ローンスター」に続き事件屋が介入の挙げ句ーー「大森記念病院」が実質、廃院に | トップページ | 厚労省「緊急人材育成支援事業」の奨励金詐欺が横行!? »