« <ミニ情報>「INAX事件」、大塚万吉氏事務所女性社員再逮捕の告訴人 | トップページ | <お知らせ>本紙・山岡司会「普天間問題を考える」映像を公開 »

2010.07.09

「ローンスター」に続き事件屋が介入の挙げ句ーー「大森記念病院」が実質、廃院に

 東京都大田区の「大森記念病院」(医療法人財団・東京厚生会経営)が休院する。すでに6月末で外来はやっていない。同病院が115のベット数がある大きな病院で、約90名の入院患者がいたが、この7月中を目処に転院を余儀なくされている。同病院は休院の理由につき、「諸般の事情により医師、看護婦等の人員確保並びに診療の継続が困難になった」というだけで、詳細は語らない。だが、本紙がすでに5月14日に報じているように、同病院の経営は火の車で、病院の土地・建物はいまも東京厚生会の所有ながら、抵当権が目一杯付けられ、挙げ句、昨年10月、これら債権をまとめ買いしたあのハゲタカ外資「ローンスター」が差押し、すでに東京地裁から競売開始決定が出ていた。さらにこの7月1日で、大田区も差押を(税金滞納のためだろう)。
2010年7月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <ミニ情報>「INAX事件」、大塚万吉氏事務所女性社員再逮捕の告訴人 | トップページ | <お知らせ>本紙・山岡司会「普天間問題を考える」映像を公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48835455

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローンスター」に続き事件屋が介入の挙げ句ーー「大森記念病院」が実質、廃院に:

« <ミニ情報>「INAX事件」、大塚万吉氏事務所女性社員再逮捕の告訴人 | トップページ | <お知らせ>本紙・山岡司会「普天間問題を考える」映像を公開 »