« 「日本年金機構」入札情報漏洩先3社の実名 | トップページ | 徹底して取材拒否の「ユニオンHD」の大株主=「富士テクニカルリサーチ」 »

2010.06.20

<主張>「SFCG」、事件になっても中小零細事業者へ過払い金は戻らず。何らかの救済処置を

 警視庁捜査2課が6月16日、経営破たんした商工ローン大手「SFCG」(東京都中央区)の大島健伸元会長(62)ら4名を詐欺再生と特別背任容疑で逮捕したのは本紙でも既報の通り。簡単にいえば、民事再生法申請する(認められず)直前、SFCGのかなりの債権を大島ファミリー企業に違法に譲渡する資産隠しを行っていた容疑。これが認められれば、当然、その違法に譲渡された資産はいま破産手続き中のSFCGに戻るから、債権者へ戻って来る債権が増えるのは間違いない。これだけ聞けば、債権回収が進み、裁かれるべき者が裁かれれば何とも結構なことだ。しかし、では、中小零細業者への主に過払い金の債権が戻って来るかというと、これはまったくというほど期待できない。なぜなら、金融機関の大口債権が圧倒的に多いからだ。破産管財人によると、この3月時点で確定しているSFCGの負債総額は約2900億円。その内、過払い利息の返還請求は2万5809件で総額622億834万円だという。これに対し、3月までに回収できた資産はわずか60億円に過ぎない。仮に今回、容疑に問われているファミリー企業「白虎」への資産隠し額約420億円がそっくりSFCGに戻って来たとしよう。
2010年6月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「日本年金機構」入札情報漏洩先3社の実名 | トップページ | 徹底して取材拒否の「ユニオンHD」の大株主=「富士テクニカルリサーチ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48676000

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>「SFCG」、事件になっても中小零細事業者へ過払い金は戻らず。何らかの救済処置を:

» 悪質商法の評価サイト [悪質商法の評価サイト]
悪質商法について解説していきたいと思います [続きを読む]

受信: 2010.06.20 20:29

« 「日本年金機構」入札情報漏洩先3社の実名 | トップページ | 徹底して取材拒否の「ユニオンHD」の大株主=「富士テクニカルリサーチ」 »