« 「アートコーポレーション」会長を脅した男の正体 | トップページ | <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第9回 桝澤徹元社長の資産の原資はどこから!?」(上) »

2010.06.07

<新連載>『金沢誠のメディアチェック』(第1回)「読売新聞社長人事」

 読売新聞の次期社長候補が絞られてきた。
 弘中喜通氏(62)で、07年5月から日本テレビ(取締役・常務執行役員)に転出していたが、この6月、読売新聞に専務メディア戦略担当・システム担当・制作局長なる要職で戻ることになったためだ。読売新聞から日テレに転出した幹部が復帰するのは異例。同じく6月に常務(論説委員長)から専務に昇格する白石興二郎氏(63)と社長レースを繰り広げることになる。ただ、現時点で弘中氏は、渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長から後継者に指名されたとの情報もあり、同氏の方が頭ひとつリードした格好である。
2010年6月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「アートコーポレーション」会長を脅した男の正体 | トップページ | <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第9回 桝澤徹元社長の資産の原資はどこから!?」(上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48567846

この記事へのトラックバック一覧です: <新連載>『金沢誠のメディアチェック』(第1回)「読売新聞社長人事」:

« 「アートコーポレーション」会長を脅した男の正体 | トップページ | <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第9回 桝澤徹元社長の資産の原資はどこから!?」(上) »