« 本紙指摘でーー旧総務省派閥の「次官等を囲む会」が中止に | トップページ | <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第11回 桝澤徹元社長の資産の原資はどこから!?」(下) »

2010.06.26

足利市産廃不法投棄事件ーー義母の死に、元キャリア官僚が「宣戦布告」

 本紙が報じ続けているこの事件だが、ついに、その不法に投棄された産廃の“毒”で1人目の犠牲者が出た可能性があることも、本紙既報の通り。その冨宇賀イキ子氏(享年71歳)の告別式は4月29日行われたが、喪主を務めたのは次女の夫である医師だった。その医師が出した、告別式参加者への「お礼状」が、臑に傷を持つ行政関係者などの間で話題になっている。その文面は「宣戦布告」といってもいいものだったからだ。「腐敗政治家・保身官僚・凶悪犯グループの『悪のトライアングル』に命を狙われて逃亡生活中の父・冨宇賀利行と姉・敏重も参加の上(略)。今後は、亡き母の遺志をついで、腐敗した政治・行政を清掃すべく……」。実はこの次女の夫、官僚に失望し、医師に転身した異色の経歴を持っている。官僚経験は約10年あり、本省課長補佐級まで務め、その人脈、また官僚の手口もわかっているだけに、この元キャリア官僚の決意に、すでに戦々恐々としている者は少ないようだ。
 2010年6月26日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 本紙指摘でーー旧総務省派閥の「次官等を囲む会」が中止に | トップページ | <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第11回 桝澤徹元社長の資産の原資はどこから!?」(下) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48727104

この記事へのトラックバック一覧です: 足利市産廃不法投棄事件ーー義母の死に、元キャリア官僚が「宣戦布告」:

« 本紙指摘でーー旧総務省派閥の「次官等を囲む会」が中止に | トップページ | <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第11回 桝澤徹元社長の資産の原資はどこから!?」(下) »