« <ミニ情報>「INAX」事件、大塚万吉氏、今度は再々逮捕(また名誉毀損で) | トップページ | <投稿>「大手メディア、官僚等が潰した鳩山政権、後に何が残るというのか」 »

2010.06.02

仮想空間商法「エクシングワールド」の前は「デジらく」で売上アップの「フレパー・ネットワークス」

 埼玉県警が捜査を進めている、インターネット上の「エクシングワールド」と名付けた仮想空間土地取引を売りに、約3万名から総額100億円近くを集めていた件ーー本紙は5月27日、一番のワルはエクシングワールドへの営業活動を行っていた「ビズインターナショナル」というより、その仮想空間の基幹システム構築を請け負っていた「フレパー・ネットワークス」(東京都港区)ではないかと問題提起しておいた (上写真はビズ社への家宅捜索を報じた毎日新聞5月27日付夕刊記事など)。記事掲載時、見落としていたが、強制捜索前の5月10日、ビズ社は「仮想空間の開発に関するお知らせ」なるタイトルのIRを掲載。そのなかで、(1)集めたカネ(特定負担)の大半をフレパー社側に支払っていること、そして何より重要なのは、(2)この仮想空間の内容は、「キャドセンター」側のものを流用したものだったことを明らかにしている。本紙は前回記事で、「あの見せかけの仮想空間のHPは、K社(東京都文京区)の商品『U』を購入し転用したもの」と記しているが、そのK社とはこのキャドセンターのことだった。情報通りだったわけだ。もっとも、このフレパー社、並びに宮之内誠人ト氏をよく知る者は、過去のケースから、さもありなんという。
2010年6月2日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <ミニ情報>「INAX」事件、大塚万吉氏、今度は再々逮捕(また名誉毀損で) | トップページ | <投稿>「大手メディア、官僚等が潰した鳩山政権、後に何が残るというのか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48525306

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想空間商法「エクシングワールド」の前は「デジらく」で売上アップの「フレパー・ネットワークス」:

« <ミニ情報>「INAX」事件、大塚万吉氏、今度は再々逮捕(また名誉毀損で) | トップページ | <投稿>「大手メディア、官僚等が潰した鳩山政権、後に何が残るというのか」 »