« <新連載>『金沢誠のメディアチェック』(第4回)「民放初の倒産ーーツイッターで飛び交った愛知国際放送の挫折はトヨタが原因」 | トップページ | 足利市産廃不法投棄事件ーーついに出てしまった、初の不法投棄産廃“毒”による犠牲者 »

2010.06.22

あの金融庁「休息室」で“密会”の官僚カップルのその後

 今年初め本紙は、財務省キャリア男性と、総務省キャリア女性が、男性の出向していた金融庁「休息室」で“同棲”しているとの報道が複数の週刊誌に載る(載った)ことをお伝えした。各誌が取り上げたのは、2人が“同棲”していた「休息室」は、我々の税金で建てられており、不倫だけでも道義的に問題だが、公費の無駄遣いにも関わることだったからだ。以降、約5カ月。2人に各省がどんな処分を下したのかと思ったら、漏れ伝わって来るところでは、男性キャリアの方はある飲み会で、「ひょっとしたら、自分は次官になれないかも知れない」と漏らしたというのだから、少なくとも本人は微塵も反省の色はなく、処分も大甘ということだろう。だが、やはり天は見ているということだろうか。この間、この2人にはそれぞれ、昇進にも影響しかねない法的問題が発生していたのだ。
 2010年6月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <新連載>『金沢誠のメディアチェック』(第4回)「民放初の倒産ーーツイッターで飛び交った愛知国際放送の挫折はトヨタが原因」 | トップページ | 足利市産廃不法投棄事件ーーついに出てしまった、初の不法投棄産廃“毒”による犠牲者 »

コメント

沖縄の米軍基地経済5%しかない報道はインチキです!
http://blogs.yahoo.co.jp/l_yuuka/3804048.html

投稿: 山岡ファン | 2010.06.23 19:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48694581

この記事へのトラックバック一覧です: あの金融庁「休息室」で“密会”の官僚カップルのその後:

« <新連載>『金沢誠のメディアチェック』(第4回)「民放初の倒産ーーツイッターで飛び交った愛知国際放送の挫折はトヨタが原因」 | トップページ | 足利市産廃不法投棄事件ーーついに出てしまった、初の不法投棄産廃“毒”による犠牲者 »