« 「INAX事件」、本紙・山岡にも任意の事情聴取要請 | トップページ | 「また開催される、裏ガネ使った旧総務省の“次官等を囲む会”」 »

2010.06.18

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(272)「武富士」武井健晃副社長脅迫事件の背景

 6月15日、東証1部、消費者金融大手「武富士」(東京都新宿区)の武井健晃副社長(40)の東京都杉並区の自宅に、銃弾のようなものと、脅迫文が入った手紙が郵送され、警視庁高井戸署が脅迫容疑で捜査していることが明らかになり、大手マスコミが一斉に報じている。犯人はいったい誰で、何の目的で出されたのか? 大きなヒントになるのは、その脅迫文の内容。そこには、「貴様らは、亡武井の約束を破った。その報いは、受けてもらうぞ。覚悟しておけ」と記されていたという。また、封書の裏の差出人を書く場所には故人で、副社長の父である武井保雄氏(武富士創業者で元会長)の名前があったという。
 2010年6月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「INAX事件」、本紙・山岡にも任意の事情聴取要請 | トップページ | 「また開催される、裏ガネ使った旧総務省の“次官等を囲む会”」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48658226

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(272)「武富士」武井健晃副社長脅迫事件の背景:

« 「INAX事件」、本紙・山岡にも任意の事情聴取要請 | トップページ | 「また開催される、裏ガネ使った旧総務省の“次官等を囲む会”」 »