« 足利市産廃不法投棄事件ーー義母の死に、元キャリア官僚が「宣戦布告」 | トップページ | 逃げ果せた!? 「SFCG」“資産隠し”に手を貸した大島健伸元会長“側近4人衆” »

2010.06.27

<連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第11回 桝澤徹元社長の資産の原資はどこから!?」(下)

 東証2部の投資会社「ジェイ・ブリッジ」(東京都墨田区)の医療再生ファンドを巡る数々の疑惑、やはり大きな問題だけに、関心を持っているマスコミは本紙だけに止まらない。会員制情報誌『FACTA』の最新号(7月号。6月20日発売)でも、2頁割いて特集記事を組んでいる。それにしても、そのタイトルでジェイ社=「最後のハイエナ」とまで表現しているのだ。同社の体質が窺い知れる。そして、その最大の“戦犯”は桝澤徹前社長だとしている。だが、その桝澤氏は責任を問われるどころか、同記事でも紹介されているように、通称「桝澤ハウス」と呼ばれ、時価15億円以上ともいわれるシンガポールの豪邸に住み、悠々自適の生活を送っていることは、本紙でもこの連載9回目で報じた通り。その連載9回目で、本紙は「桝澤ハウス」以外にも、国内でかつて2つの高級マンションを購入していた事実を報じたが、桝澤氏の不動産資産の“痕跡”は他にもあった。
 2010年6月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 足利市産廃不法投棄事件ーー義母の死に、元キャリア官僚が「宣戦布告」 | トップページ | 逃げ果せた!? 「SFCG」“資産隠し”に手を貸した大島健伸元会長“側近4人衆” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48733815

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第11回 桝澤徹元社長の資産の原資はどこから!?」(下):

« 足利市産廃不法投棄事件ーー義母の死に、元キャリア官僚が「宣戦布告」 | トップページ | 逃げ果せた!? 「SFCG」“資産隠し”に手を貸した大島健伸元会長“側近4人衆” »