« これが「ユニマットライフ」高橋洋二会長の2つの“隠し部屋”(西麻布と南青山) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(268)これという材料もなく株価上昇「モジュレ」に期待する個人投資家 »

2010.05.01

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(267)「注目の新たな仕手筋御用達証券会社」

 以前、「エイケイ証券」(自主廃業)、「ヤマゲン証券」を取り上げたことがあるが、 新たに注目される証券会社が現れた。きっかけは今年2月10日、ジャスダック上場「NESTAGE」が行った12億円の不動産現物出資による第3者割当増資。NESTEGEは債務超過による上場廃止を回避するため、都内の経営コンサルタント会社から、超安値で購入したと思われる3不動産を現物出資してもらった。不動産鑑定評価はかなりの幅があるから、高めの評価が付けば資産が一挙に増え、債務超過が解消されるという“奇策”を取ったわけだ。その3物件のなかには、オリックスが超安値で譲ってもらった疑惑が浮上し、社会的に大きな関心を呼んだ「かんぽの宿」の北海道層雲峡の物件も含まれていた。この物件、『週刊文春』で取り上げられていた(10年1月21日号)。そもそもは33億円で建てられたが、「大江戸温泉」に約1億7000万円で払い下げられ、それを今回増資引き受けの都内経営コンサルが購入。NESTAGEでは5億1900万円の価値に“化けた”。この現物出資(+7500万円の新株引き受け)により、都内経営コンサルはNESTAGEの約66%というダントツの筆頭株主(新株予約権の潜在株式も反映)に躍り出た。ところが、引き受け(2月26日)から1か月もしない3月17日、譲渡担保の行使により「カムレード投資事業有限責任組合」(東京都中央区)に譲渡された。その組合の住所は、今回注目のある証券会社の住所と同じだった。
2010年5月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« これが「ユニマットライフ」高橋洋二会長の2つの“隠し部屋”(西麻布と南青山) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(268)これという材料もなく株価上昇「モジュレ」に期待する個人投資家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48229066

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(267)「注目の新たな仕手筋御用達証券会社」:

» 新登場!共済クレジット「借換ローン」お得な金利9.125%〜 [共済クレジット]
複数のローンを1つに借り換えが出来る共済クレジットの「借換ローン」担保、保証人:原則不要 限度額:最大500万円 http://www.kyosaicredit.com/asp.cgi?asp=TM [続きを読む]

受信: 2010.05.06 09:49

« これが「ユニマットライフ」高橋洋二会長の2つの“隠し部屋”(西麻布と南青山) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(268)これという材料もなく株価上昇「モジュレ」に期待する個人投資家 »