« 全国3例目ーー不正請求による保険医取り消しで甲府地裁「違法」判決。問われる地方厚生局の裁量権濫用 | トップページ | <書籍紹介>化学・医学界が“封印”したビタミンCの脅威の威力 »

2010.05.04

「INAX」事件、追加逮捕者も名誉毀損で再逮捕

 関係者によれば、本日(5月4日)午後4時ごろ、三重県警は、大塚(趙)万吉氏(60)を名誉毀損容疑で再逮捕した模様だ。本紙既報のように、4月13日、住宅設備機器会社「INAX」(本社・愛知県常滑市)などを中傷する文書を取引先などに送りつけた信用毀損容疑の共犯で、三重県警は大塚氏を逮捕していた。だが、こちらの容疑は処分保留となったそうだ。先に同容疑で逮捕された今田順二氏らは、大塚氏逮捕時、すでに処分保留になっており、本紙の見立て通り、同じく大塚氏も起訴できなかったわけで、それにも拘わらず、なぜ再逮捕なのか? 先に逮捕ありきの、政治的かつ強引な逮捕である疑いがますます濃くなって来たといえる。
2010年5月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 全国3例目ーー不正請求による保険医取り消しで甲府地裁「違法」判決。問われる地方厚生局の裁量権濫用 | トップページ | <書籍紹介>化学・医学界が“封印”したビタミンCの脅威の威力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48269170

この記事へのトラックバック一覧です: 「INAX」事件、追加逮捕者も名誉毀損で再逮捕:

« 全国3例目ーー不正請求による保険医取り消しで甲府地裁「違法」判決。問われる地方厚生局の裁量権濫用 | トップページ | <書籍紹介>化学・医学界が“封印”したビタミンCの脅威の威力 »