« あの京品ホテルにも登場ーー外資「ローンスター」が今度は複数の都内病院診療報酬差押え | トップページ | 「日本振興銀行」木村剛会長退任は、単に赤字決算による引責辞任!? »

2010.05.15

<連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第7回  来週にも医療再生ファンド売却をIRか)

本紙ではこの間、東証2部の投資会社「ジェイ・ブリッジ」(東京都墨田区)の疑惑を6回に渡り報じている。
 一時は「日本の企業の再生はジェイ・ブリッジ」ともいわれるほど脚光を浴び、05年には時価総額が1000億円近くにまでなった。だが、いまや時価総額はわずか10数億円。資産といえるのは、福岡県の医療法人社団「杏林会」向け医療再生ファンドへの出資分(約24億円)ぐらいだ。ところが、この医療再生ファンドさえ大失敗と見られ、その償還期を迎える今年10月にはその実態が明らかになってしまうため、それまでにジェイ社は自社投資分をできるだけ回収し上場廃止、会社清算するとのシナリオを考えているとも報じていた。そして、いよいよその懸念が現実味を帯びて来た。関係者によれば、ジェイ社はこの5月16日(日)からの週内にも、杏林会向け医療再生投資ファンドを売却するとのIRを自社HPに出すというのだ。
 2010年5月15日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« あの京品ホテルにも登場ーー外資「ローンスター」が今度は複数の都内病院診療報酬差押え | トップページ | 「日本振興銀行」木村剛会長退任は、単に赤字決算による引責辞任!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48366808

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第7回  来週にも医療再生ファンド売却をIRか):

« あの京品ホテルにも登場ーー外資「ローンスター」が今度は複数の都内病院診療報酬差押え | トップページ | 「日本振興銀行」木村剛会長退任は、単に赤字決算による引責辞任!? »