« 自衛隊幹部が激白(2)ーー「必要ない海兵隊を沖縄から撤退させないのは米国ではなく日本の利権屋」 | トップページ | <ミニ情報>「INAX」事件、大塚万吉氏は起訴に »

2010.05.25

「シルバー精工」西銘和男社長室長が事実無根と抗議

 本紙は4月5日、連載中の「宝田陽平の兜町アンダーワールド」において、東証1部、かつて編み機メーカーとして知られたものの、経営不振から、「事件屋」といってもいい面々が経営権を握り、以前にも増して経営難に陥っている「シルバー精工」(東京都新宿区)の執行役員兼社長室長に話題の人物が就いたことから報じた。その人物とは西銘和男氏(62)。アントニオ猪木氏が初代代表に就き、議席も確保したことがあるあの「スポーツ平和党」の2代目代表に就いたこともある方。ただ、その際は「西銘一」氏だったことなどから、その名前の使い分けなどに関して疑義を呈した記事だったところ、その直後、本人から文書にて「事実無根」などとして、刑事告訴すると猛抗議があったことなどから、4月8日、大幅に記事を訂正した。だが、5月19日、再度、連絡があり、その訂正記事も一部正確でないということで5月20日、本人と直に会い、説明を受けた。西銘氏に関しては、本日シルバー精工のHPでIRされたように、6月25日開催予定の定時株主総会を経て代表取締役会長に就任予定。あらぬ誤解を受けることは、その就任に関し悪影響を与えるとの判断からのことだという。実際、「西銘和男」と「西銘一」の名前の使い分けに関しては、スポーツ平和党などの政治活動に関しては「西銘一」、実業面では本名の「西銘一」を使い分けているに過ぎず、疑義を呈するような理由はなかった。西銘氏は「西銘一」を名乗り出した経緯についてこう述べる。「98年、スポーツ平和党の比例1位で出た時、初めてそう名乗ったんです。私は沖縄出身ですが、在日韓国人や中国人ほどではないものの沖縄人もかつてひどい差別を受けました。当時、ちょうど国会議員の候補者名はペンネーム(通称名)でもいいと法制化されたことから、韓国、中国から帰化した候補者は母国の名前で出ました。国際社会を目指すことを掲げていましたので、その代表である沖縄人の私がまず第一にペンネームを名乗ろうと思い『一』としたんです。その際、約48万票いただき、認知されたこともあり、以降、政治面の活動では西銘一を名乗っているだけのことです」。一方、「金銭トラブル」に関する記述に関してはこう反論する。
2010年5月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 自衛隊幹部が激白(2)ーー「必要ない海兵隊を沖縄から撤退させないのは米国ではなく日本の利権屋」 | トップページ | <ミニ情報>「INAX」事件、大塚万吉氏は起訴に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48451890

この記事へのトラックバック一覧です: 「シルバー精工」西銘和男社長室長が事実無根と抗議:

« 自衛隊幹部が激白(2)ーー「必要ない海兵隊を沖縄から撤退させないのは米国ではなく日本の利権屋」 | トップページ | <ミニ情報>「INAX」事件、大塚万吉氏は起訴に »