« <書籍紹介>『憚りながら』(後藤忠政・宝島社)--創価学会との関係を暴露 | トップページ | <記事紹介>「徳之島の土地を買った防衛族の意図」(『社会新報』6月2日号) »

2010.05.31

被害者提訴を横目にーーいまも活動を続ける小澤茂男氏系「高島易断」グループ会社

 一般によく知られた「高島易断」を名乗り、新聞の折り込みなどでチラシを配り、鑑定に来た者に「先祖のお払いをしないとお子さんの命がない!」などと不安を煽るなどし、数十万円から数百万円を祈願料などの名目で支払わせ、08年3月、3カ月の業務停止命令を受けた宗教法人「幸運乃光」(小澤茂男代表)ーーこの件は、当時、本紙でも紹介したが、その後、同年10月に被害者6名が、09年5月にも5名が同宗教法人並びに小澤代表個人らを相手取り、東京地裁に総額約3000万円の損害賠償請求訴訟を起こしている。その手口は詐欺の一種である「霊感商法」ながら、未だに小澤氏は逮捕されないどころか、営業活動を続けている。その理由の一つは、複数の会社を使い分け、また自らはこれら会社の代表に(役員にも)就かないようにし、別法人を装っている点が挙げられる。そこで、この小澤グループ企業の現状を報告する。
2010年5月30日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <書籍紹介>『憚りながら』(後藤忠政・宝島社)--創価学会との関係を暴露 | トップページ | <記事紹介>「徳之島の土地を買った防衛族の意図」(『社会新報』6月2日号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48502084

この記事へのトラックバック一覧です: 被害者提訴を横目にーーいまも活動を続ける小澤茂男氏系「高島易断」グループ会社:

« <書籍紹介>『憚りながら』(後藤忠政・宝島社)--創価学会との関係を暴露 | トップページ | <記事紹介>「徳之島の土地を買った防衛族の意図」(『社会新報』6月2日号) »