« <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第8回 本紙予告通り、医療再生ファンド売却をIR) | トップページ | 自衛隊幹部が激白(2)ーー「必要ない海兵隊を沖縄から撤退させないのは米国ではなく日本の利権屋」 »

2010.05.23

国会質問で飛び出した「米軍再編交付金」に絡む森喜朗元首相疑惑の核心

 森喜朗元首相の地元、石川県小松市に国から支払われた「米軍再編交付金」の使い途を巡って疑惑が出ている。概要は、冒頭に掲げた「日刊ケンダイ」記事(5月14日付)をご覧いただきたい。小松市は、この交付金を使って、約1億5000万円で、「小松市立美術館分館」を建設中(8月末完成予定)。だが、この“分館”、実態は美術品収蔵庫で、その場合、交付金の対象事業にならない。そこで外壁に出窓を設けるなどし、鑑賞できるように偽装し、“分館”として交付対象にパスしたという疑惑だ。小松市長は代々、森元首相の“子分”だし、この建設業者は森氏に政治献金している地元の「トーケン」というわけで、背後で森氏が糸を引いた疑惑が出ているわけだ。その疑惑が浮上したのは、共産党の大門実紀史参議院議員が、5月10日の参議院決算委員会で質問したからだ。森氏といえば、押尾事件関連でもその名が出て、先の選挙では落選危機も叫ばれたほど。だが、報道したのは前出「日刊ゲンダイ」、それに大門議員と連携していたと思われる「中日新聞」の5月9日記事(タイトルは「『美術館』実態は収蔵庫 米軍再編交付金引き出す 石川・小松」。全976字)ぐらい。
2010年5月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第8回 本紙予告通り、医療再生ファンド売却をIR) | トップページ | 自衛隊幹部が激白(2)ーー「必要ない海兵隊を沖縄から撤退させないのは米国ではなく日本の利権屋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48430749

この記事へのトラックバック一覧です: 国会質問で飛び出した「米軍再編交付金」に絡む森喜朗元首相疑惑の核心:

» 本日はパ○チラ特集ですv( ̄∇ ̄)v [奥さんGOGO!!のblog]
梅雨っぽい空ですな。。。さてネットで今話題になっている画像がありますよね。あまりに評判になっているのでオイラも乗せちゃいます。権利は?と思っていた... [続きを読む]

受信: 2010.05.26 18:12

« <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第8回 本紙予告通り、医療再生ファンド売却をIR) | トップページ | 自衛隊幹部が激白(2)ーー「必要ない海兵隊を沖縄から撤退させないのは米国ではなく日本の利権屋」 »